ローズヒップオイルの原料植物について

ローズヒップ

ローズヒップ

ローズ学名 Rosa canina
科名 バラ科
オイルが採れる部分 種子から採油

ローズヒップとはローズの「実」のこと。いろいろな種類のローズ(バラ)に実がなりますが、キャリアオイルとして使われるローズヒップオイルの原料となる種類はイヌバラ、ドッグローズと呼ばれるロサ・カニナがもっともメジャー。他にはスィートブライア(Rosa rubiginosa)という種類もあります。

いずれも自生する野ばらです。花が終わった後、秋に赤い楕円形の実をつけます。

乾燥させたものを砕いて、ほんのり酸味のあるハーブティや、ジャムの原料にします。ビタミンCをたっぷり含むため、健康にもよく、ストレスケアにも役立ちます。ビタミンCの含有量はレモンの数十倍とか! そのほか、リコピン、鉄分、カルシウム、食物繊維、ペクチンなども含むため、栄養たっぷりです。

ローズヒップオイルの特徴

濃い黄色からオレンジ色をしたローズヒップオイル

濃い黄色からオレンジ色をしたローズヒップオイル

このような栄養価に優れるローズヒップからはオイル分が採取できます。

■色…濃い黄色からややオレンジ色

■粘性…適度な粘性で使いやすいオイル

■匂い…固有の匂いがあり、好みがわかれます。いわゆるバラの香りなどは一切しません。軽めの優しいエッセンシャルオイルの香りは、ローズヒップオイルの匂いに負けてしまうでしょう。

■プライス…やや高価。20ml2000~4000円前後

■保存…不飽和脂肪酸が多く、酸化しやすいため、少量サイズで入手するのがおすすめ。開封後は早めに使いましょう。暑い季節は冷蔵庫保存を。