毎日の野菜・フルーツレシピ/ガイドのおすすめ野菜レシピ

具だくさんのロールキャベツ鍋レシピ……やさしい味わい!

ロールキャベツとウインナー、それに野菜をたっぷり入れた洋風鍋はいかがですか。今回は、具だくさんのロールキャベツ鍋レシピをご紹介いたします。しめにはとろりと溶けたチーズをたっぷりのせた、絶品のカレーリゾットで。

江戸野 陽子

執筆者:江戸野 陽子

毎日の野菜・フルーツレシピガイド

具だくさんのロールキャベツ鍋レシピ……やさしい味わい!

所要時間:30分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋

子どもが大好き ロールキャベツ鍋レシピ

子どもが大好きなロールキャベツとウインナー、それに野菜をたっぷり入れた洋風鍋はいかがですか。ロールキャベツとウインナーから出るうまみのおかげで、だしいらず。さっぱりとしたスープに野菜がなじんで、とてもやさしい味わいに仕上がっています。しめにはとろりと溶けたチーズをたっぷりのせた、絶品のカレーリゾットで。
 

ロールキャベツ鍋の材料(2人分)

ロールキャベツ
キャベツ葉 4枚
たまねぎ1/8個
合いびき肉100g
牛乳20ml
パン粉10g
溶いたもの大さじ1
ベーコンハーフベーコン 4枚
小さじ1/2
こしょう少々
ナツメグ少々
鍋の具材
ウインナー6~8本
ミニトマト6~8個
じゃがいも1個
にんじん1/2本
ブロッコリー1/2株
小松菜1/2束
かぶ2個
しめじ1/2株
ヤングコーン50g
小さじ1
1L
しめのカレーリゾット
ご飯茶碗2杯
カレールー10g
ピザ用チーズ50g
パセリ少々

ロールキャベツ鍋の作り方・手順

ロールキャベツを作る

1下準備をする

パン粉を牛乳に浸してふやかします。<br />
<br />
ロールキャベツ用のたまねぎをみじん切りにし、サラダ油を引いたフライパンできつね色になるまで炒めたら、バットなどにあけて冷まします。<br />
パン粉を牛乳に浸してふやかします。

ロールキャベツ用のたまねぎをみじん切りにし、サラダ油を引いたフライパンできつね色になるまで炒めたら、バットなどにあけて冷まします。

2キャベツの葉をゆでる

キャベツの葉は芯を取り除き、半分に切ったら大きめの鍋でしんなりするまで2分ほどゆでて、ざるなどにあけて冷ましておきます。<br />
キャベツの葉は芯を取り除き、半分に切ったら大きめの鍋でしんなりするまで2分ほどゆでて、ざるなどにあけて冷ましておきます。

3ひき肉ダネを作ります

ボウルにひき肉、塩、ブラックペッパー、ナツメグを入れて粘りが出るまで、手でよく混ぜます。<br />
<br />
<b>【1】</b>のふやかしたパン粉、炒めたたまねぎ、卵を加えて、さらによく混ぜたら8等分にし、手にサラダ油を塗り、両手でキャッチボールをするようにして空気を抜き、俵型に成形します。<br />
ボウルにひき肉、塩、ブラックペッパー、ナツメグを入れて粘りが出るまで、手でよく混ぜます。

【1】のふやかしたパン粉、炒めたたまねぎ、卵を加えて、さらによく混ぜたら8等分にし、手にサラダ油を塗り、両手でキャッチボールをするようにして空気を抜き、俵型に成形します。

4キャベツの葉に肉ダネを包む

芯があった部分を手前にくるようにしてキャベツの葉を広げ、肉ダネを置いたらひと巻きし、両端を折り、最後まで巻きます。<br />
<br />
縦半分に切ったベーコンを用意し、ロールキャベツにベーコンを巻いて、爪楊枝で止めます。<br />
芯があった部分を手前にくるようにしてキャベツの葉を広げ、肉ダネを置いたらひと巻きし、両端を折り、最後まで巻きます。

縦半分に切ったベーコンを用意し、ロールキャベツにベーコンを巻いて、爪楊枝で止めます。

ロールキャベツ鍋を作る

5具材の下準備をする

じゃがいもとにんじんは皮をむいて5mm幅の薄切りに、ブロッコリーは小房に分けたら、下ゆでします。じゃがいもとにんじんは沸騰したお湯で2分、ブロッコリーは3分ゆでます。<br />
<br />
かぶは皮をむいて4分割に、小松菜は5cm幅のざく切りに、しめじは石づきを切り落としてほぐします。<br />
じゃがいもとにんじんは皮をむいて5mm幅の薄切りに、ブロッコリーは小房に分けたら、下ゆでします。じゃがいもとにんじんは沸騰したお湯で2分、ブロッコリーは3分ゆでます。

かぶは皮をむいて4分割に、小松菜は5cm幅のざく切りに、しめじは石づきを切り落としてほぐします。

6ロールキャベツから煮る

お鍋に分量の水を沸騰させ、ロールキャベツ、ウインナー、しめじを入れて中火で5分煮たてたら、塩を加えて味をととのえます。<br />
お鍋に分量の水を沸騰させ、ロールキャベツ、ウインナー、しめじを入れて中火で5分煮たてたら、塩を加えて味をととのえます。

7残りの具材を入れる

じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、かぶ、ヤングコーン、小松菜の茎の部分を加えて、さらに5分煮込んだら食べ頃です。プチトマトと小松菜の葉は食べる直前に加えて、サッと火を通してから食べます。お好みで、粒マスタードやゆずこしょうをつけていただきます。<br />
じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、かぶ、ヤングコーン、小松菜の茎の部分を加えて、さらに5分煮込んだら食べ頃です。プチトマトと小松菜の葉は食べる直前に加えて、サッと火を通してから食べます。お好みで、粒マスタードやゆずこしょうをつけていただきます。
爪楊枝はついたままでもOKです

しめのカレーリゾットを作る

8ごはんとカレールーを加える

スープを半分ほど取り除き(500mlを使用します)ごはんを加えて弱火で2分煮こんだら、刻んだカレールーを加えてよく混ぜます。とろけるチーズをのせたらふたをして1分待ち、チーズがほどよく溶けていればOKです。<br />
スープを半分ほど取り除き(500mlを使用します)ごはんを加えて弱火で2分煮こんだら、刻んだカレールーを加えてよく混ぜます。とろけるチーズをのせたらふたをして1分待ち、チーズがほどよく溶けていればOKです。

9盛り付け

お皿に盛り付けて、パセリをふりかけてできあがりです。<br />
お皿に盛り付けて、パセリをふりかけてできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

特におすすめの野菜具材は青菜ときのこ。スープの味わいが特になじみます。今回は小松菜としめじを使いましたが、かぶの葉・青梗菜・レタス、エリンギ・えのきでもおいしくいただけます。青菜は、食べる直前に加えて食べるようにしてください。

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます