大豆もやしの茹で時間とおいしい茹で方

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずおひたし

 

大豆もやしはゆで方も栄養も違うって本当?

豆のついている大豆もやしと緑豆もやしでは栄養もゆで方も違うことをご存知ですか。

大豆もやしは、もやしの先端に黄色い大豆がついているもやしです。普通のもやしと同じようにゆでるとると、豆の部分に火が通らず生ゆでになってしまいます。そこで大豆もやしは、豆の部分にしっかり火を通すことが大事。普通にゆでると、水っぽい仕上がりになってしまうので、ここでは少ない水で蒸し煮にすることをおすすめしています。できあがったもやしは、冷水で一気に冷やして、余熱で豆が苦くなるのを防止しましょう。

大豆もやしは、大豆が付いている分、カロリーもたんぱく質も高く、食物繊維も普通のもやしより多く含まれています。ビタミンBやカリウム、カルシウムなどのミネラルも普通のもやしと比べて2倍以上! 発芽によって、大豆にはないビタミンCも含まれているので、栄養の万能野菜としてもおすすめです。

大豆もやしのゆで方の材料(2人分

大豆もやしをゆでる
もやし 大豆もやし1袋 150g
小さじ1
ナムル
もやし ゆでた大豆もやし150g
鶏ガラスープの素 小さじ1/4
薄口醤油 小さじ1/4
小さじ1/4
ごま油 小さじ1/2
きび砂糖 小さじ1/4
白ごま 小さじ1
おひたし
もやし ゆでた大豆もやし150g
だし醤油 適量
鰹節 適量
生姜 すりおろしたもの1片

大豆もやしのゆで方の作り方・手順

大豆もやしのゆで方

1:洗う

洗う
ボウルにたっぷりの水を用意し、大豆もやしを洗います。このとき、ひげ根や豆の皮が浮いてくるので、取り除きます。

ザルにあけて、水気をしっかり切ります。

2:ゆでる

ゆでる
大きめの鍋に水を4cmほど張り、沸騰させたら大豆もやしを加え、蓋をして中火で5分蒸し煮にします。

蓋を開けたら、豆を食べてみて、火が通っていたらザルにあけます。固いようなら、1分ほど蒸し煮します。

3:冷やす

冷やす
大豆もやしをボウルに張った氷水で一気に冷やして熱を取ります。熱が取れたら、水を2-3度替えて洗います。こうすることで、もやしの独特の苦味が抜けます。

洗ったもやしは水気を切って、かたく絞ります。

大豆もやしの調理例

4:ナムル

ナムル
ボウルにナムルの材料にある調味料を加え、よく混ぜ合わせます。

水気を絞った大豆もやしを加え、和えてできあがりです。冷蔵庫で冷やすと、よりおいしいです。

5:おひたし

おひたし
器に水気を切った大豆もやしを盛り付けます。仕上げにかつおぶしとすりおろした生姜をのせ、だし醤油を回しかけていただきます。

冷蔵庫で冷やすと、よりおいしいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。