冷え撃退には生姜入りのホットグリーンスムージー

所要時間:10分

カテゴリー:スムージーグリーンスムージー

 

生姜のパワーで効果が高まるホットグリーンスムージー

寒い日に冷たいグリーンスムージーを飲むのはつらくないでしょうか? そこで、お湯で作るホットグリーンスムージーをご提案。温かいと、消化にもよく、体が温まり、血行をよくして冷えを撃退してくれます。さらに効果を大幅にアップさせるために、生姜も加えてみてはいかがでしょうか?

生の生姜の皮には、ジンゲロールとショウガオールと呼ばれる辛み成分が多く含まれています。これらの成分は血液の循環を高めて、体を温め、新陳代謝を促してくれる効果が期待できます。また、熟れた甘いフルーツをたっぷり使うグリーンスムージーなので、自然の甘みで生姜の辛みをカバーしてくれ、とても飲みやすく、ヘルシーな仕上がりです。

生の生姜は、胃が弱い人にとっては、刺激が強いかもしれませんので、その場合は量を減らしてみてください。



ホットグリーンスムージーの材料(2杯分

ホットグリーンスムージー
バナナ 1本
はっさく 1/2個
りんご 1/2個
生姜 1-2片
ほうれん草 2-3株
熱湯 120-200ml

ホットグリーンスムージーの作り方・手順

ホットグリーンスムージーの作り方

1:材料を切ってブレンダーに入れる

材料を切ってブレンダーに入れる
フルーツと野菜をブレンダーに入れます。水分の多いフルーツを下に、葉野菜は上に入れるようにします。
  1. 八朔は皮をむいて、房ごとに分けます。
  2. りんごは種と皮をつけたまま、いちょう切りにします。
  3. バナナの皮をむいて、輪切りにします。
  4. 生姜を皮のまま粗いみじん切りにします。
  5. ほうれん草は株元はそのままに、ちぎります。
薄皮や種が苦手な場合は、取り除いてください。

2:ブレンダーにかける

ブレンダーにかける
ブレンダーにかけます。フルーツの水分が足りなくて回らない場合は、分量の熱湯を少々加えてから回してみてください。

フルーツと野菜がある程度ブレンドされたら、残りの熱湯を加えてお好みのとろみに仕上げてください。

3:メイソンジャーにストックしても◎

メイソンジャーにストックしても◎
ホットグリーンスムージーは、作り置きしておくよりは写真のように材料をメイソンジャーなどに入れて、冷蔵庫に入れておくと◎。飲む直前にブレンダーにかけると新鮮で、温かい一杯がいただけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回は飲みやすさを考えて「酸味の八朔」、「とろみと甘みとのバナナ」、「バナナ感を抑えるためのりんご」、「クセの少ないほうれん草」を使って作っています。フルーツと野菜の組み合わせは自由ですので、お好みのものを作ってみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。