アロマの持つリフレッシュ効果とは

リフレッシュアロマ
リフレッシュアロマで元気に毎日を過ごしましょう
リフレッシュとは、感覚を刺激して気分を切り替える効果のことをいいます。元気がないとき、悩みごとが頭から離れないとき、仕事や勉強に取り組みたいのになかなか集中できないときなどに使うといいでしょう。

リフレッシュ効果のある香りは、気持ちを切り替えるいいスイッチになります。朝の香りとしても適していますし、仕事中や勉強部屋の香りとして最適です。

使い方としては、コットンにふくませればOK。


リフレッシュ効果に優れるアロマオイル

ローズマリー
ローズマリーに代表されるリフレッシュアロマ。ほとんどがスッキリ系の香り
グレープフルーツ 
みずみずしい柑橘系の香り、グレープフルーツは積極性を高めます。

ジュニパーベリー
森林の香りジュニパーベリー。集中力を高めます。

スペアミント
さわやかなスペアミントの香りは、疲労を回復させます。

タイム
薬草のようなハーブらしい香りが特徴のタイム。気持ちを奮い立たせます。

ティートゥリー
樹木と薬草が合わさったティートゥリーの香りは、気持ちを切り替えます。

ニアウリ
すがすがしいウッディ系の香りは、意識をクリアにします。

パイン
樹木らしい松の葉の香りは、気分を変えて元気を与えます。

バジル
料理でなじみの深いバジル。清涼感のある香りを嗅ぐと心身が爽快になり感覚が鋭敏になります。

ペパーミント
冷涼感のあるペパーミントの香りは、ほてった頭を冷やして気持ちをすっきりとさせます。

レモン
すっぱいレモンの香りは、集中力を刺激して仕事の能率を高めます。

レモングラス
レモンを濃厚にした印象のハーブの香り。心を元気に上向きにします。

ローズマリー
ローズマリーは樟脳(しょうのう)の香り。脳細胞を刺激し記憶力を高めるといいます。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。