ニアウリ

a01.jpg
す~とした香りが心地いいです
Melaleuca viridiflora
フトモモ科の木本
葉、枝などを蒸留して採油

ニアウリはティートゥリーと同じ属に分類される木です。フランス領ニューカレドニアに行くとたくさん見れるようです。



ニアウリのアロマ効果

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/2/7/heavenlyscent01.jpg
人気のディフューザー。ホワイトも出ました。
Heavenly Scent/超音波アロマディフューザー シルバーまたはホワイト10,500円(税込)
  • 風邪の予防に

  • ニアウリはなんといっても、まず風邪の予防に役立ちます。
    体の抵抗力を高めるために、白血球の働きを高めるといいます。なので、風邪の引き始めのチョイスがいいでしょう。
    ですが、ニアウリは、気管支炎やカタル、喉の炎症にも効果を発揮するといわれるので、風邪をひいてしまったあとでも、症状の緩和にサポートとなります。

    精油が使えるディフューザーや加湿器に落とす方法が手軽です。
    またハンカチに1滴落として、外出するときにはバッグに忍ばせましょう。


  • 痛みのケアに

  • 古くからリウマチ、神経痛にも使われてきたといいます。お風呂に1~3滴落としてみてはどうでしょう。よくかき混ぜて入浴しましょう。

  • 集中力を刺激します

  • 気分が散漫なときなど、ニアウリを芳香浴で楽しむと気分が晴れます。コットンに1滴落として、パソコンの近くに置くなどが手軽。オフィスでも実践可能です。



    ■ ガイドからブレンド提案
    レモンとのブレンドがおすすめ。免疫力をUPさせる相乗効果ブレンド。香りもレモンが加わることで、軽くなり、万人受けする印象になります。

    参考文献
    『アロマテラピーのための84の精油』ワンダーセラー著 高山林太郎訳(フレグランスジャーナル社)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。