家賃より将来や趣味にお金をかけたい
シングルにお勧め

古いアパート
写真のアパートは家賃3万8000円。6畳の和室にトイレと小さなキッチンがある
もうひとつ、高円寺で目に付くのは古いアパートです。さすがに商店街沿いや通り沿いにはそれほどありませんが、少し横道に入ってみると木造で外に鉄階段があるような古いアパートが今も現役。そして、こうした物件が少なからず残っているため、高円寺ではワンルームアパート5万円以下も十分ありえる話。風呂無しなら2万円、3万円という物件すらあるほどなのです。もちろん、新築で10万円、20万円という物件もありますが、家賃を抑えたい、でも便利な場所に住みたいという相反することが両立する街なのです。

駅前の八百屋さん
高円寺は外食の値段だけでなく、生鮮食品も安いので、自炊派にもお勧め
ちなみに私にも何人か高円寺に住んでいた友人がいましたが、彼らはいずれも音楽や芝居などをやっており、家賃よりもそのためにお金を使いたいという人たちでした。そして、彼らの弁によれば高円寺はそのためにはベストな街とのこと。家賃は安いのに都心に近い、物価が安くて暮らしやすい、そして同じような夢のある人が多いので夜飲みに行って共通の話題で盛り上がれる、などなどが彼らの語る高円寺の魅力でした。今、その気風がどこまで残っているかは住んでみないと分からないにせよ、将来に志のある若い人にはお勧めできる街です。

住宅街
中央線から青梅街道、早稲田通り間は古い住宅も多く、密集しているため、防災面のチェックは大事だ
ただし、この街で家を買うのはなかなか大変です。そもそもすでに開発されているため、土地がありません。そのため、新築マンションはほぼ供給されていませんし、中古マンションもそれほど数はありません。また、中古は50m2前後が中心で、シングル、カップル向きばかりです。それに比べれば一戸建てのほうがまだ、数はありますが、価格は6000万円以上。土地面積50m2、60m2という小規模戸建てが大半です。それでもこの街の近くに住みたいという人は高円寺駅からはかなり離れますが、早稲田通りを越えて西武新宿線の野方や鷺宮まで範囲を広げてみることをお勧めします。

あずま通り商店街
店の数は多くないものの、人通りの多いあずま通り商店街。近くになんでも揃う商店街があるのはうれしい
人気がある街には人気があるだけの理由がある、そんなことが実感できる街高円寺。シングルには一押しの街です。

*2008年の記事に修正、加筆。

【シリーズバックナンバー】
「ハイソで国際的な下町『広尾』」
「中央線文化漂う住宅街『荻窪』」
「粋と新しい便利さの街『神楽坂』」
「元気、でも静かな街『学芸大学』」
「情報感度高い大人の街『表参道』」
「人に自然に優しい街『自由ヶ丘』」
「季節感と情緒、グルメの街『浅草』」
「自然、雑踏と文化の街『吉祥寺』」
「緑溢れる水辺の都会『二子玉川』」
「セレブで庶民派な街『白金』」
「元気な世田谷の下町『三軒茶屋』」
「意外に住める憧れの超都心『銀座』」
「独自性を貫く学園都市『国立』」
「最先端な庶民派国際タウン『恵比寿』」
「整然とした静かな街並みが魅力の『桜新町』」
「演劇、音楽と猥雑な活気の街『下北沢』」
「水辺に開かれるゆとりある新しい街『豊洲』」
「子どもと犬に優しい緑の地『駒沢大学』」
「急激に変化し続ける老舗の街『麻布十番』」
「商店街で有名、品川の下町『武蔵小山』」
「通勤に遊びに便利。勢いのある街『中目黒』」
「昔も今も交通の要所、変化し続ける『品川』」
「都会と郊外、両方の良さを備えた街『三鷹』」
「知る人ぞ知る、緑濃い文化の街『経堂』」
「新宿西口で進行中の再開発をチェック」
「今も憧れ、東京屈指のお屋敷街『成城学園』」
「歴史と活気あふれる東京北東部の中心『北千住』」
「東京の今を代表する24時間都市『六本木』」
「高低差が生んだ、2つの顔を持つ街『渋谷』」
「活気と自然、歴史が融合する街『千歳烏山』」
「小石川、小日向を擁する人気地域『茗荷谷』」
「ターミナルと住宅街が隣り合う街『目黒』」
「文化と雑踏が混在、活気が魅力の街『池袋』」
「再開発で生まれ変わった歴史の街『南千住』」
「変化目前。便利な実質本位の街『蒲田』」
「世田谷らしさ満喫路線世田谷線全ガイド(1)」
「世田谷らしさ満喫路線世田谷線全ガイド(2)」
「渋谷徒歩圏、便利さに緑も楽しめる池尻大橋」
「座って通勤も!23区で最も手頃な街竹ノ塚」
「成熟の街で駅前再開発。さらに変わる中野」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。