照明プランって難しい。

新しい家を建てる時、建築家のKさんには、
空間の広さや作業内容に合わせて計画してもらったけれど、
すべて効果的に、有効に使いこなしているかというと、そうでもないかも。

そもそも、暗めの灯りが好きなので、全然使ってない照明器具もあったりする。
せっかく設置したのに、あ~もったいない。

明るさの感じ方は家族でも違う

ゆっくり音楽を聴くときは、こんな照明パターンも。ソファ横のブラケットとダイニングのペンダントだけでも充分

ゆっくり音楽を聴くときは、こんな照明パターンも。ソファ横のブラケットとダイニングのペンダントだけでも充分

明るさの感じ方は人それぞれ。明るいとか暗いとか、同じ空間に暮らす家族だって、みんな同じように感じていることはないんじゃないかな。

もちろん、料理や勉強など、部屋の用途や行動、作業内容などによって、適する明るさはあるし、眼の為にも確保すべき明るさはある。けれど、たとえば、ゆったりとくつろぎの時間を過ごす際などは、広さに対する標準的な明るさは、あくまでも目安で、あまり気にしなくてもいいかもしれない。

わが家の場合、ゆっくりお酒を飲んだり、音楽を聴いたりする時は、照明をかなり落とす。とはいえ、ワタシは、ちょっと暗めが好きで、オットは、かなり暗めが好き。明るい空間はあまり落ち着かない、という点では一致しているが、心地よく感じる暗さは少し違うので、その時々の力関係(?)で明るさが異なるのだ。

さまざまなパターンができるプランに

一般的な住宅の照明プランを検討する際には、標準的な明るさを基本に、どちらかというと、少し明るめに考えておくケースも多いんじゃないかと思う。暗いのは困るけれど、明るい分には困らないし……。

それでも、最近では、明るさは確保しつつ、好みに合わせて調整できるようなプラン提案も多くみられるようになってきた。一室多灯にして、さまざまな組み合わせや照明パターンができるようにしたり、調光器を取り入れて、明るさに変化を持たせたり。照明メーカーからもさまざまなパターンの演出、光の色味や方向などを変化させることができるアイテムもみられるので、参考にするといいだろう。

ただ、自分が居心地のいいと感じる明るさや光の色、雰囲気などを、設計担当者やライティングプランナーに言葉で伝えるのはとても難しい。メーカーのショールームによっては、さまざまなシミュレーションが可能なところもあるので利用しても。こんな感じがリラックスできる、という環境を自宅で実現できているのであれば、夜に自宅で打ち合わせ、なんていうのもいいかもしれない。食事やくつろぎの時の好みの明るさ、灯りの雰囲気を理解してもらえるんじゃないかな。

点けたり消したり、調光器もフル活用

で、わが家の照明計画。以前暮らしていた箱型のマンションの空間と吹き抜けを設けた戸建ての空間では、灯りのイメージも大きく異なるし、プランニングの段階では、どのくらいの明るさなるのか、どういう光になるのか、なかなか想像もつかず、もう、建築家のKさんにすべてお任せ。

だから、空間に適した使い勝手のいい照明プランにはなっているのだが、やっぱり、普通に点灯すると、暗め好みのワタシ達には、かなり明るめ。なので、ブラケットだけにしたり、ペンダントだけにしたり、フロアスタンドと組み合わせたり。気分に合わせて、点けたり消したり、調光器もフル活用。計画時には、調光器なんて必要かなぁ~、とも思っていたけれど、つけてよかったモノの上位アイテムのひとつになっている。

隅々まで明るくしないメリットは、ゆったりとくつろぐことができるだけでなく、わが家の場合、掃除をさぼっていることが分かりにくい、リラックスしてすぐに眠くなるので夜酒の量が減る、という家計応援効果も。これは想定外だった、かな。


【関連記事】
建築家に依頼して建てた 小さな家での暮らしのエッセイ
<空間づくり>
2階リビングの住み心地  ・高けりゃいいってもんじゃない ・引き戸がいっぱい! ・対面キッチン わが家の場合 ・浴室に掃き出し窓  ・どこに置く?自転車 ・トイレはふたつ必要か? ・バルコニーで朝食を  ・お茶とお煎餅は縁側で  ・されど階段 ・眺めはいい方が、やっぱりイイ! ・50代の家づくり。わが家の場合 ・少し年上の建築家に
<使い勝手>
掃除のしやすい窓しにくい窓 ・ウッドデッキとつながった洗濯物干し場 ・ 「ちょい掛け」できる? ・玄関の内側にポストを設けてみたら ・階段下に屋外収納 ・「傘立て」の居場所 ・玄関脇のウォークインクロゼット ・玄関に160センチの木製バー ・「見える」収納 ・自然の素材は覚悟がいる  
<海辺の土地で>
海が見える暮らしと塩害と  ・一戸建ての醍醐味というけれど…… ・四季を過ごしてわかったこと ・気がつけば、空き家が ・周辺環境を、買う ・周辺環境の変化の予測は難しい
<日々の暮らし>
試行錯誤の庭づくり  ・梅雨になるとカビが…… ・わが家の網戸モンダイ ・ダイニングチェアの座面を 張り替えてみた ・暮らしの中には、心地よい音もあれば…… ・一戸建ては忙しい、かも ・一生モノの家具 ・玄関灯と節電と ・わが家のロフトに観葉植物がある理由 ・模様替えができない ・額に入れれば立派な家 宝 ・家づくりと夫婦歴


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。