ぷりっと仕上げる。牡蠣の中華風ソテー

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずソテー

 

シャキシャキ野菜と一緒に食べる牡蠣のソテー

冬が旬の牡蠣は調理が面倒な印象があるかもしれませんが、さっと茹でるだけでも(「シンプルに旬の味を食べる! 茹で牡蠣のおろしポン酢」)、今回のようにさっとソテーするだけでも簡単に美味しく仕上がる時短食材。ただし、食感よく、ぷりっと仕上げるにはコツがあります。

ぷりっと仕上げた牡蠣に、シャキシャキの炒め野菜と、香味野菜が風味よい中華だれを合わせました。ご飯にもよく合う一品です。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『牡蠣の中華風ソテー定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

牡蠣の中華風ソテーの材料(2人分

牡蠣の中華風ソテーの材料
カキ 10個
青梗菜 1株
もやし 1/2袋(100g)
小麦粉 適量
少々
こしょう 少々
ごま油 大さじ1
中華だれ
大さじ1
醤油 大さじ1
大さじ1
砂糖 少々
ごま油 小さじ1/2
ねぎ (みじん切り)10cm程度
生姜 (みじん切り)1/2片

牡蠣の中華風ソテーの作り方・手順

牡蠣の中華風ソテーの作り方

1:下ごしらえする

下ごしらえする
牡蠣は水気をよく拭き取ってから、塩こしょうをし、薄く小麦粉をまぶします。青梗菜は葉と根の部分を切り分け、葉はざく切りにし、根を4つ程度に切り割ります。

2:たれを作る

たれを作る
中華だれの材料をすべて合わせておきます。

3:牡蠣をソテーする

牡蠣をソテーする
フライパンにごま油を入れて熱し、香りが立ってきたら、牡蠣を入れて全体をこんがりと焼きます。フライパンから取り出しておきます。

4:野菜を炒める

野菜を炒める
そのままのフライパンに青梗菜ともやしを入れて、強火で炒め、塩こしょうを軽くします。お皿に乗せ、その上に牡蠣を盛りつけたら、中華だれをかけて、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

牡蠣は加熱すると、身が縮んでしまうことがありますが、小麦粉をまぶしておくことで、身の縮みを防ぎ、プリッとした食感に仕上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。