シンプルに旬の味を食べる! 茹で牡蠣のおろしポン酢

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物茹で牡蠣

 

旬のプリプリ牡蠣を簡単シンプルに食べる

冬が旬を迎える牡蠣。この時期の牡蠣はずっしりと身が詰まっていてプリップリ。栄養も豊富です。そのものの美味しさを味わうには、シンプルな調理法が一番。今回ご紹介するのはさっと茹でて、さっぱりおろしとポン酢でいただく簡単レシピです。

なお、牡蠣は食中毒に注意しなければならない食材です。大腸菌やノロウィルスなどによる食中毒を防ぐためには、中心温度85度以上1分以上加熱する必要があります。今回の調理でも、しっかりとお湯が沸騰した状態で1分間以上茹でるようにしてください。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『茹で牡蠣のおろしポン酢定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

茹で牡蠣のおろしポン酢の材料(2人分

茹で牡蠣のおろしポン酢の材料
カキ 10個
片栗粉 大さじ2
大根 5cm程度
あさつき 少々
ポン酢 適宜

茹で牡蠣のおろしポン酢の作り方・手順

茹で牡蠣のおろしポン酢の作り方

1:下ごしらえする

下ごしらえする
牡蠣を塩水でよく洗ったあと、水で流し、水気をよく切り、片栗粉をまぶします。大根をおろし、あさつきをみじん切りにしておきます。

2:茹でる

茹でる
牡蠣を沸騰したお湯で茹でます。 沸騰した状態で、1分間以上茹でるようにしてください。

3:盛りつける

盛りつける
茹でたら、冷水にとって冷まし、水気をよく切って、器に盛り付けます。大根おろしとあさつきを乗せて、ポン酢をかけて食べてください。

ガイドのワンポイントアドバイス

牡蠣は加熱すると、身が縮んでしまうことがありますが、片栗粉をまぶしておくことで、身の縮みを防ぎ、プリッとした食感に仕上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。