鶏胸肉の唐揚げ 怪味ソース和え

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかずから揚げ

 

鶏胸肉の唐揚げ 怪味ソース和え

「鶏の胸肉はヘルシーで低価格なのは嬉しいけれど、火を通すとパサついて、味も何となく物足りなくて……」という方におすすめしたい唐揚げレシピ!

胸肉をしっとりと揚げる方法や鶏胸肉の唐揚げによく合う“怪味ソース”をご紹介します。

と、その前に“怪味”の説明をしますね。“怪味”とは、中国の四川省で生まれた辛味、甘味、酸味、塩味に加えて“しびれ”も加わった混合調味料のこと。近年、居酒屋や唐揚げ専門店などでも見かけるようになり、じわりじわりと人気が高まっている注目株です。
“怪味”は、味わうほどに複雑な味わいが楽しめ、一度口にしたらやみつきになる味。様々な料理に使えるので、作りおきをしておくと本当に便利ですよ。

今回は家庭で手軽に作れ、様々な家庭料理に合うようにアレンジした“怪味ソース”を使っていきます。

鶏胸肉の唐揚げ 怪味ソース和えの材料(2人分

鶏胸肉の唐揚げ 怪味ソース和え
鶏胸肉 1枚
日本酒 大さじ2
少々
こしょう 少々
片栗粉 大さじ3
トマト 1/2個
レタス 適量
きゅうり 適量
適量 (揚げ油)
怪味ソース
マヨネーズ 大さじ2
醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1と1/2
小さじ1
ごま油 小さじ1/2
ラー油 小さじ1/2
豆板醤 小さじ1/2
すり白ごま 大さじ1
花椒 小さじ1/2 (粉)
生姜 小さじ1 (みじん切り)
ニンニク 1片 (みじん切り)

鶏胸肉の唐揚げ 怪味ソース和えの作り方・手順

鶏胸肉の唐揚げ 怪味ソース和え

1:

ボウルに怪味ソースの材料をすべて入れ、よく混ぜ合わせる。


怪味ソースの材料は多めになっています。今回の料理には大さじ3のみ使い、残りは冷蔵庫で保存して様々な料理にお使いください。

2:

胸肉はしばらく常温におき、皮を取り除く。ラップを敷いたまな板にのせて上からさらにラップをし、めん棒などで叩く。縦1/3に切り、包丁をやや斜めに傾け、ひと口大に切る。
ビニール袋かボウルに胸肉、日本酒、塩、こしょうを入れてよくもみ込み、片栗粉をまぶす。10分以上置く。

3:

揚げ油を160℃に熱して2~3分揚げ、いったん取り出す。油の温度を揚げ、香ばしい揚げ色がつくまでさらに1~2分揚げる。

4:

ボウルに3、怪味ソース大さじ3を入れ、和える。トマト、レタス、きゅうりを盛った皿に盛り、お好みで白髪ねぎ、香菜、糸唐辛子をのせる。