特別な日に食べる、韓国のわかめスープ

所要時間:15分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

韓国のわかめスープ

わかめには豊富なミネラルがあり、母乳の出をよくする効果があることから、韓国では古くから妊婦や授乳期の母親がわかめスープを食べる習慣があります。

いまでは、子供の成長を願い、誕生日には必ずといっていいほど食卓に上る食べものにも。また、それを口にする子供は、産んでくれた感謝の気持ちを込めて食するのが常だそうです。素敵な習慣ですね。

韓国のわかめスープは、とにかく具だくさん。わかめと牛肉を炒めるから、旨味も十分。しかも簡単。困ったときのお助けスープとしてどうぞ。


韓国のわかめスープの材料(2~3人分

韓国のわかめスープ
わかめ 50g(戻したもの)
牛肉 50g(薄切り肉)
ねぎ 15cmほど
ニンニク 1/2~1片(すりおろす)
薄口醤油 小さじ1
魚醤 小さじ1 →なくても可
ごま油 大さじ1弱
少々
こしょう 少々
すりゴマ 適量
だし 3カップ(煮干しと昆布のダシ)

韓国のわかめスープの作り方・手順

韓国のわかめスープ

1:

わかめはひと口大に切る。牛肉は細く切る。
鍋にごま油、にんにく、牛肉を入れてかき混ぜ、弱火にかける。牛肉の色が変わり、水分がとんだらわかめを入れて炒める。

2:

だしを入れ、沸騰したらアクをとりのぞく。長ねぎを加え、薄口醤油、魚醤油、塩、こしょうで味を調える。
器に盛り、すりゴマをふる。

ガイドのワンポイントアドバイス

だしは、保存容器や鍋に水をいれ、煮干しと昆布を入れ、ひと晩冷蔵庫に置いておくと便利です。きのこや卵を加えてもおいしくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。