おうちで簡単タパス!タコのガルシア風

所要時間:45分

カテゴリー:サブのおかずタパス

 

簡単タパス!タコのガルシア風

スペインのガルシア地方はタコの産地。
この地の有名な料理が「タコのガルシア風」。祭りのタコ、と呼ばれるこのタパスは、タコをコトコトとやわらかく茹で、パプリカパウダー、塩(岩塩)、オリーブオイルなどをかけたもの。温かいうちにいただきます。

口にすると、タコのあまりのやわらかさにきっと驚くはず。調理法がシンプルだから食べ飽きず、でも、印象に残るタパスだと思います。
タコの新たなおいしさをぜひ味わってみてくださいね。


タコのガルシア風の材料(2~3人分

簡単タパス!タコのガルシア風
タコ 2~3本 (茹でたもの)
たまねぎ 1個
ローリエ 1枚
エクストラバージンオリーブオイル 適量
パプリカパウダー 適量 (できればスモークタイプ)
適量 (粗塩)
カイエンヌペッパー 適宜

タコのガルシア風の作り方・手順

簡単タパス!タコのガルシア風

1:

鍋にゆでタコ、皮をむいた玉ねぎ、半分にちぎったローリエを入れ、かぶるくらいの水(分量外)を入れる。強火にかけ、沸騰したら弱火にし、蓋をずらして30分ほど火にかける。
火を止めたら蓋をし、15分ほど置く。

※写真は倍量で作ったものです。

2:

タコをひと口大に切り、器に盛る。オリーブオイルをかけ、パプリカパウダー、カイエンヌペッパー、粗塩をかける。 タコはゴロンと厚めに切り、オリーブオイルは多めにかけるのがおすすめ。

ガイドのワンポイントアドバイス

タコの茹で汁でじゃがいもを茹で、スライスしてタコとともに盛り合わせるのもおすすめ。タコの茹で汁にお好みの野菜、チーズなどを入れて煮込み、スープとして食するとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。