主なアレルギーの病気

アトピー性皮膚炎や喘息は子供から発症します
■アトピー性皮膚炎
痒みのある湿疹や皮膚炎が悪くなったり、良くなったりする慢性のアレルギーの病気。食物やダニなどが原因で、ストレスなど悪化する。赤い湿疹、盛り上がった湿疹などが全身に見られ、特に関節部分や顔、首に多い。

アトピー性皮膚炎の基礎知識
アトピー性皮膚炎の予防法・治療法  >> 

■じんましん
蚊にかまれたような盛り上がった赤い湿疹が出て、24時間以内に消え、別の部分に出たりする病気

参考記事:「アトピーと「じんましん」の関係
なぜ、じんましんが起こるの?
「じんましん」の治療

■口腔アレルギー症候群
主に口やのどが腫れるアレルギーの病気。花粉症との関連も言われている

参考記事:「口だけにアレルギー?口腔アレルギー症候群

■アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・花粉症
アレルギーによって、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻の症状と目のかゆみ、眼脂(がんし:めやに)などの目の症状が出ます。花粉症ではスギ花粉症が代表的です。

花粉症の基礎知識
花粉症の予防法・治療法  >> 

参考記事:「アトピーと花粉症
花粉症の原因(カレンダー)
花粉症の治療
花粉症重症度チェック
花粉症の目の症状と対策法

■喘息・気管支喘息
気管支がダニやホコリなどで狭くなってしまうアレルギーの病気。咳がひどく、息苦しくなります。喘息の中には、運動誘発喘息があり、名前の通り、マラソンなどの運動をすることによって喘息発作が出る病気です。

気管支喘息の基礎知識
気管支喘息の治療法  >> 
参考記事:「アトピーと喘息の関係
喘息の原因って何?
喘息を治すには、どうする?
運動で喘息が起きるのはなぜ?運動誘発喘息
何だか呼吸の音が変……? 乳児喘息
これから増える!? ゴキブリ喘息
生理や妊娠で喘息が悪化することはあるの?

■食物アレルギー
原因となる食材を食べることで、じんましんや喘鳴、下痢などのアレルギー症状が出る病気です

参考記事:「アトピーと食物アレルギー

■アナフィラキシー・食物依存性運動誘発アナフィラキシー
アレルギーの中で、重症な病気です。じんましん等の皮膚症状や、喘息・呼吸困難等の呼吸器症状、めまい、意識障害等の神経症状、血圧低下等のショック症状が、2つ以上存在している場合を言います。特に、血圧が低下し、ショック症状になることを「アナフィラキシーショック」と呼び、命にも関わる一刻を争うショック症状なのです。
参考記事:「アトピーとアナフィラキシー
食物と運動とアナフィラキシーの関係
アナフィラキシーの治療

■薬物アレルギー
「薬物アレルギー」とは、薬を使用したときに、様々なアレルギー反応を起こす病気です。薬物は、内服、外用、静脈注射、点滴、筋肉注射、皮下注射といった形で体に投与されます。アレルギーがあると、本来の薬物の作用とは無関係な反応を起こしてしまいます。

参考記事:「薬物アレルギーって何?

次に免疫の病気を詳しく解説します
免疫の病気について  >>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項