気管支喘息(きかんしぜんそく)とは、どんな病気でしょうか?咳が続いたり、息苦しいことはありませんか?風邪と思っていたら、なかなか治らない場合、それは気管支喘息かもしれません。

気管支喘息とは

咳が続く場合、気管支喘息かもしれません

咳が続く場合、気管支喘息かもしれません

「気管支喘息」は、単に「喘息」と呼ばれることもあります。口から肺までの通り道に気管支があります。気管支にダニやホコリなどのアレルゲンが侵入すると、気管支がアレルギー反応を起こし、アレルゲンの侵入を防ぐための反応を示します。

痰が出て、気管支にある平滑筋という筋肉によって内腔が狭くなり、気管支が腫れてしまい、呼吸がしにくくなります。このアレルギー反応により、様々な症状が出てきます。空気が狭くなった気管支を通ることになるので、丁度、笛のような原理で、呼吸のたびにゼイゼイ、ヒューヒュー、ゼロゼロといった音がするようになります。
 

喘息の症状

  • 咳、痰の絡んだ咳
  • 呼吸するときに、ゼイゼイ、ヒューヒュー、ゼロゼロといった音:喘鳴(ぜいめい)
  • チアノーゼ(唇や顔色が青くなります)
  • 多呼吸(呼吸する回数が増えます)
  • 陥没呼吸(かんぼつこきゅう)(肋骨の下がへこんだ呼吸をする)
  • 起坐呼吸(きざこきゅう)(体を起こしていないと呼吸が苦しい)
  • 呼吸困難(息がしにくくなります)
  • 呼吸困難がひどいと、話もできなくなります。
  • 肩呼吸(かたこきゅう)(肩で呼吸する感じです)
こういった症状が出ていたら、「喘息発作(ぜんそくほっさ)」が起こっていますので、医療機関に受診しましょう。まずは発作に対する治療が大切です。発作がひどい状態で放置しておきますと、息ができなくなって、死に至ることもあります。

気管支喘息の診断法

  • 問診:いつからどのような症状があるか?特に長く咳が続く、息苦しい
  • 花粉症、アトピーなどを持っていないかどうか、家族にいないかどうか
  • 血液検査:ダニやホコリ、イヌ、ネコのアレルギーがないかどうか
  • 呼吸機能検査:肺活量や1秒率(1秒間にどれだけ息を吐けるか)を測定
  • 気道過敏性試験:気道を刺激する薬剤にすぐ反応して、気管支の内腔が狭くなるかどうか
などを参考に診断されます。特に、アトピーで、なおかつ喘息も持っている率は、アトピー性皮膚炎のない人に比べて2倍になっています。日本国民で喘息を持っている人(有病率(ゆうびょうりつ))は、10~20%ぐらいと言われいます。

気管支喘息の原因

喘息の原因として、ダニは重要です

ダニが喘息の原因になっていることも多いのです


 
    ■アレルゲン(アレルギーを起こす物質)
  • ダニ
  • ハウスダスト(家のホコリ) 
  • 花粉(スギ、雑草など)
  • ペット(犬、猫など)
  • ゴキブリやユスリカのような昆虫
  • ホルムアルデヒドなどの化学物質
■アレルゲン以外
  • 風邪
  • タバコや花火の煙
  • 工場の煙や自動車の煙による大気汚染(四日市ぜんそくなど)
  • 鎮痛薬などの薬物(特に、アスピリン)
  • ストレスや不規則な生活
  • コーヒーなどの嗜好品
  • アルコール:アルコール誘発喘息
以上のように、様々な原因で喘息を発症したり、悪化したりします。まずは原因を見つけて、取り除くことが大事な治療の1つです。

では原因を取り除く以外にどんな治療法があるのでしょうか?
… 喘息の治療 >>

参考リンク
ぜんそく大事点(ドクターN)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項