気管支喘息の基本を理解していただいたところで、気管支喘息の治療法について説明します。大人の喘息も子供の喘息も、喘息治療管理には学会からのガイドラインが出ています。

喘息発作時の治療

喘息発作の時に吸入します

喘息発作の時に吸入します

まさに咳が出て、痰が出て、ゼイゼイ・ヒューヒューといった「喘息発作(ぜんそくほっさ)」が起こっている時に行う治療法です。

  • 気管支拡張薬(気管支を拡げる薬(β2刺激薬))の吸入
  • 体の酸素が足りない場合は、酸素投与を行います
  • 吸入しても、改善のない時に、点滴を行います
  • 主に、ステロイドの点滴を行います
  • 気管支拡張薬であるテオフィリン薬の点滴を行います

テオフィリン薬の点滴は、小さな子供では要注意です。飲んでいる薬、発熱などによって、血液中の濃度が変わってしまうので、副作用に注意しないといけません。
それでも改善のない時には、入院して継続的な治療を行うことになります
入院中に行う治療には以下のようなものがあります。

  • 点滴
  • ステロイドの点滴
  • 定期的に吸入:DSCGという抗アレルギー薬、気管支を拡げるβ2刺激薬
  • ステロイド薬の吸入
  • イソプロテレノールという気管支を拡げる薬の持続的な吸入

重症の場合は、人工呼吸器を使うこともあります 喘息発作がよくなると、今度は、発作が起こらないようにする治療が大切です。
 

普段からの気管支喘息の治療

喘息発作を少しでも減らすために、普段から行う治療があります。ゼイゼイ・ヒューヒューといった喘息発作の回数に応じて、治療方法が異なります。

    タバコは喘息に良くありません

    タバコは喘息に良くありません

  • 環境整備:特に居住環境の環境整備が大切

  • 環境整備:具体的には、ダニ、ホコリを除くために掃除などをする

  • 禁煙:タバコは喘息の悪化因子

  • 運動療法(水泳など)、鍛錬療法(乾布摩擦など)

  • 内服薬(ロイコトリエン受容体拮抗薬、抗アレルギー薬、気管支拡張薬など)

  • 内服薬(テオフィリン薬)

  • β2刺激薬の貼付薬(貼る薬)

  • 吸入薬(ステロイド、抗アレルギー薬、気管支拡張薬)

特に、発作の回数が多い場合は、ステロイド吸入薬が中心になります。発作の回数によって、使う薬が異なります。

大人では、吸入ステロイドが中心です。子供でも吸入ステロイド薬を使います。
発作の回数によって、重症度を診断し、適切な治療を行う事が必要です。特に重症度を軽く見ていると、治療が不十分になり発作を繰り返してしまうので、注意が必要です。
その重症度は大人と子供で違います。大人の場合、「軽い」と診断される症状でも、子供の場合は「やや重症」と判断します。詳しくは、以下の通りです。

■子供の喘息発作の重症度

  • 年に数回の発作…ごく軽症(軽症間欠型)
  • 月に1回以上の発作…軽症(軽症持続型)
  • 週に1回以上の発作…中等症(中等症持続型)
  • 毎日の発作…重症(重症持続型)
大人だと、喘息発作の回数が
  • 週に1回未満の発作…ごく軽症(軽症間欠型)
  • 週に1回以上の発作…軽症(軽症持続型)
  • 毎日の発作…中等症(中等症持続型)・重症(重症持続型)
症状の頻度は喘息の重症度の大事な判断材料になりますので、必ず医師に伝えるようにしましょう。

参考リンク
ぜんそく大事点(ドクターN)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項