アトピー性皮膚炎は、アレルギーの病気の1つです。単にアトピーと呼ばれることもありますが、正確には「アトピー性皮膚炎」と言います。

アトピーとは

アトピー性皮膚炎は痒みを伴う皮膚炎です
アトピーという言葉は、「奇妙な」という意味のギリシャ語atopiaに由来しています。1923年にCoca(コカ)とCooke(クッケ)という人物が、本人の家族や親戚などに出てくるこの奇妙な反応を、アトピーと名づけました。そこで、痒みのある湿疹が悪くなったり、良くなったりする病気で、家族に同じような症状がある病気を、「アトピー性皮膚炎」と呼ぶようになりました。簡単に「アトピー」と呼んでいることもあります。

アトピーは遺伝するの?

子どもがアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、一方がアレルギーだと約30%、アレルギーのない場合は約10%であったという報告があります。双子についての研究では、遺伝子が同じである一卵性では共にアトピーは77%、遺伝子の違う二卵性では、共にアトピーは15%であると言われています。
従って、アトピーは遺伝しやすいのですが、病気として発症するには環境因子も必要です。例えば、卵のアレルギーを起こしやすい遺伝子を持っていても、卵を食べない環境なら、アレルギーを起こすことはないわけです。
(参考「アトピーは遺伝するの?」)

それではアトピー性皮膚炎の基礎知識を、5つのポイントで説明します。

■ アトピー性皮膚炎の基礎知識
1.アトピー性皮膚炎の症状 >>
アトピー性皮膚炎の症状について説明します。

2.アトピー性皮膚炎の原因 >>
アトピー性皮膚炎の原因は何でしょうか?   

3.アトピー性皮膚炎の検査法 >>
診断し、原因を見つけるためにどんな検査をするのでしょうか?

4.アトピー性皮膚炎の合併症 >>
アトピー性皮膚炎とセットで起こりやすい合併症があります。

5.アトピー性皮膚炎に似た病気 >>
思いこみは禁物。アトピー性皮膚炎ではない病気もあります。


まずはアトピー性皮膚炎の症状を解説します。
⇒ 1.アトピー性皮膚炎の症状 >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。