アトピーは、アレルギーの病気(アトピーってどんな病気?アトピーの原因を参照してください)ということは以前お話した通りです。両親のどちらかがアトピーだと、子供もアトピーであるケースを見ることがありますが、今回は親子でアトピーが遺伝するかどうか?ということを説明したいと思います。

アレルギーとは?

アレルギーというのは、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)に反応して、これを体から除こうとして、過剰な反応をしてしまうことです。体にとって有害な物質を除く体にとって必要な反応ですが、その反応が過剰ですと、症状が強く、日常生活に支障が出ます。反応の程度は人によって異なりますので、反応の違いに遺伝因子が関わっています。

アレルギーは遺伝するの?

アレルギーが遺伝するのは、子どもがアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、一方がアレルギーだと約30%、アレルギーのない場合は約10%であったという報告があります。つまり、家族にアレルギーがあると、アレルギーになる可能性が高いということです。しかし、100%遺伝するわけではありません。それは、アレルギーを起こす遺伝子が一つではないからです。

アトピー素因って何?

アトピーは遺伝しますが、必ず遺伝するわけではありません
アトピーになりやすい人は、他のアレルギーの病気、気管支喘息、アレルギー性鼻炎(花粉症)を以前、なったことがあるか、または血のつながった家族、親戚の中で、アレルギーの病気があれば、アトピーになりやすいと考えられています。それをアトピー素因といいます。血液検査で、IgEという免疫グロブリン(蛋白質)が高いと、アトピー素因の可能性があります(アトピーの原因を参照)。

アトピーはどれくらい遺伝するの?

双子の研究では、遺伝子が同じである一卵性では共にアトピーは77%、遺伝子の違う二卵性では、共にアトピーは15%であると言われています。アトピーもまた、100%遺伝するわけでありません。別の報告では、
アトピーになるリスク
アトピーの家族歴 %リスク
両親共にあり 50-75%
片親のみあり 25-30%
両親共になし  
第1子にあり 20-25%
兄弟になし 10‐15%
Falth-Magnusson からの報告 (1987)

アトピーは遺伝だけではありません!

家を含めた生活環境も関与しています
病気には、環境要因もあります。ダニの量に応じて、体がダニに反応しやすい状態になったり(感作(かんさ)と呼んでいます)、喘息発作が出てくることが言われています。つまり、アレルギーを起こす原因にさらされていると、アトピーになりやすくなる可能性があります。だから、環境整備、掃除、食事療法、ストレス解消などが必要になるのです。その対策は、今後の記事で徐々に説明していきます。

将来的には、アトピーの予防できる治療が開発されると思います。
アトピーは、子どもに遺伝する可能性はありますが、すべて遺伝するわけでないのです。子どものアトピーは、医療機関で、きちんと診断を受けましょう。きちんと診断され、適切な治療を受ければ、アトピーは治ります。


豆知識
遺伝子:細胞の中の核という部分に存在。細胞を作るうえでの設計図。DNAという塩基(分子の集まり)の配列が遺伝子を決定する。DNAには、A(アデニン)G(グアニン)C(シトシン)T(チミン)という4つの塩基があり、この配列で、意味を持った配列を遺伝子を呼んでいる。

アトピーの基礎知識シリーズ
【第1回】アトピーってどんな病気?
【第2回】アトピーの原因
【第3回】アトピーの検査
【第4回】アトピーの合併症
【第5回】アレルギー・マーチって何だ?
【第6回】アトピーと喘息の関係
【第7回】アトピーは遺伝するの?



<参考リンク先>

東北大学大学院医学系研究科遺伝病学分野

免疫とアレルギー

DNAの基礎知識(かずさDNA研究所)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。