【第1回】アトピーってどんな病気?
【第2回】アトピーの原因
【第3回】アトピーの検査

大人と子どもでは違うアトピーの原因

アトピーの原因は食べ物やダニなどのアレルギー物質によるものとストレスなどや乾燥肌といったアレルギー以外のものとに大きく二分されます。

■アレルギーの原因


子どもの場合:食べ物が原因の場合が多い。
最近増えているアトピーの原因は、卵。特に白身に注意

  • 卵(特に白身)
  • 牛乳、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)
  • 大豆(大豆油、豆腐、味噌など)
  • 小麦(パン、うどんなど)

  • など


大人の場合:食べ物ではなく、環境が原因の場合が多い
ダニはまめに掃除をして取り除くことを心掛けましょう

  • ダニ
  • ハウスダスト(家のホコリ)
  • 花粉(スギ、雑草など)
  • ペット(犬、猫など)
  • ホルムアルデヒドなどの化学物質

  • など

■アレルギー以外の原因


  • 乾燥肌
  • 清潔でない衣服を着ること
  • 汗をかいたままで清潔でない状態でいること
  • 清潔でない手で皮膚を掻くこと
  • ストレスや不規則な生活

  • など
以上のようなことが主な原因として挙げられます。それ以外にも、原因はもちろんありますので、「コレを食べると、何だかかゆくなるな…」「埃っぽい部屋に行くと、体がかゆくなる…」といった心当たりがあれば、医師に必ず伝えましょう。

医療現場から見る、最近増えているアトピーの原因

血液検査などで検査すると、で陽性になることが多いです。湿疹を心配して来る乳児の原因は、8割近くが卵、特に白身で、牛乳のみが原因、小麦だけが原因であることは少ない印象を受けます。少し大きくなり小学生になると、ダニとハウスダストで陽性になることが多くなります。最近は、スギ・ヒノキなどの花粉が花粉症だけでなく、湿疹の原因になることもあります。秋では、ヨモギ・ブタクサなどの花粉が原因のこともあり、これらの花粉が飛ぶ時期に再検査することをお勧めします。


豆知識
アトピーの要因で「ダニ」といっても、ダニそのものよりは、ダニの死骸、ダニの分泌物、排泄物がアレルギーを起こしやすい。なので、布団も干してダニを殺すだけではなく、はたいてダニの死骸を取り払う必要があります。気をつけましょう。



<参考リンク先>

アトピー性皮膚炎(日本医師会)

アトピー性皮膚炎について(片村クリニック)

アトピー性皮膚炎(ちかかね皮膚科)

アトピー性皮膚炎と戦っている皆様へ(芝皮膚科クリニック) 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。