アトピーと食物アレルギーは共通しています。
今回はアレルギーの基礎知識の一つとして、食物アレルギーについてご説明しましょう。


「食物アレルギー」とは?

様々な食材が原因になります
食物アレルギーとは、異物を体から排除しようとする免疫機構が、食物に対しても反応してしまうことで起こる症状です。食べ物を食べると、15分~数時間で、アレルギー反応が生じます。様々なアレルギー反応が起こりますが、重症の場合は、ショックなどのアナフィラキシーを起こし危険です(アトピーとアナフィラキシーをご参照してください)。



「食物アレルギー」の症状

食物アレルギーの症状は様々な部位に出ます。それぞれ下記で確認してみましょう。
  • →口の周りの腫れ・発赤

  • のど→のどのかゆみ・イガイガ感

  • 皮膚→皮膚のかゆみ・じんましん

  • 呼吸器→咳・喘鳴(ぜんめい)・喘息

  • 消化器→嘔気・嘔吐・下痢


アトピーと食物アレルギー

アトピーと食物アレルギーの共通点は多いのです。
アトピーの原因の一つに食物があります。アトピーと食物アレルギーとは原因や対策・治療で共通する部分が多く、医療現場では同じように対処される場合があります。ざっくりとですが、左の図のように考えてください。重複する部分は多く、むしろ2つの症状を完全に区別する方が困難なのです。


次のページでは、食物アレルギーの対策をご紹介します。