アトピーによく合併する病気として、喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギーなどがあります。それぞれの病気の説明を一つの記事ですることは難しいので、まずは、一般的な説明をしますね。今回は、喘息について簡単に説明していきます。(詳細は、喘息シリーズとして、後日説明します。今回より、今までの「アトピーの基礎知識シリーズ」の紹介は記事の後半にあります。)

アトピー性皮膚炎だと、喘息の割合が2倍!

喘息がひどいと、咳が止まりません

喘息は、「気管支喘息(きかんしぜんそく)」とも呼ばれています。口から肺までの経路として気管・気管支があります。気管支が狭くなる病気喘息です。アトピー性皮膚炎で、なおかつ喘息も持っている率は、アトピー性皮膚炎のない人に比べて2倍になっています。日本国民で喘息を持っている人(有病率(ゆうびょうりつ))は、10から20%ぐらいと言われいますから、その割合の多さは注目に値しますね。

気管支が狭くなる原因は?


アレルギーを起こす物質(アレルゲン)が、口から気管支に入ってくると、体が異物と認識して、排除しようとします。この時、体に入らないようにするために、気管支にある平滑筋という筋肉が収縮します。その結果、気管支の内腔に近い粘膜(ねんまく)が浮腫(ふしゅ)を起こし、その周りに痰がつきます(痰と共に、異物を出そうとするのです)。これが原因で、気管支の内腔が狭くなり、ヒューヒューといった空気が狭い所を通る音がします。この音を「喘鳴(ぜんめい)」と呼び、症状を「喘息発作(ぜんそくほっさ)」と呼んでいます。

喘息発作の症状は?


  • 咳・痰・喘鳴(ぜんめい)(コンコン、ゼイゼイ、ヒューヒューの音がする)
  • 多呼吸(たこきゅう)(呼吸回数が多い)
  • 陥没呼吸(かんぼつこきゅう)(肋骨の下がへこんだ呼吸をする)
  • 起坐呼吸(きざこきゅう)(上半身を起こしていないと呼吸が苦しい)
  • チアノーゼ(顔色、特に口唇色が紫色である)

  • などがあります

息が苦しいので、上に示す症状があれば、医療機関へ受診しましょう。

喘息の治療は?


大きく2つに分かれます。喘息が起こっているときの治療と喘息発作を予防する治療です。
喘息発作の対しては
  • 吸入→気管支を広げる薬を使って、霧状の薬を吸います
  • 点滴→気管支を広げる薬、気管支の浮腫を取る薬を点滴に入れて使います。痰を柔らかくして出しやすくするために輸液することもあります

  • などです

予防方法として例を挙げますと
煙草などの煙はよくありません

  • 環境整備
    →ダニやホコリなど喘息の原因を除く。掃除が重要で、具体的には梅雨に向けてのダニ対策を参照してください。
    →花火や煙草の煙も喘息発作を誘発します。
    →風邪も喘息発作を誘発します。
  • 吸入→気管支の狭くなったり、むくむことを予防します

  • 内服→抗アレルギー薬などを使います。具体的な薬は内服薬を参照してください。

  • など


アトピーで咳が続く場合は、喘息の可能性がありますので、医療機関を受診して、きちんと診断された上で、喘息の治療を受けましょう。


豆知識
有病率:集団における,一定の時点での特定の疾病や病態を有する人の割合のことをいう。2000年における喘息の割合を「喘息の有病率」と言い方をする。式は、病気の人/全体の数×100(%)


アトピーの基礎知識シリーズ
【第1回】アトピーってどんな病気?
【第2回】アトピーの原因
【第3回】アトピーの検査
【第4回】アトピーの合併症
【第5回】アレルギー・マーチって何だ?
【第6回】アトピーと喘息の関係



<参考リンク先>

小児気管支喘息(リウマチ・アレルギー情報センター)

成人気管支喘息(リウマチ・アレルギー情報センター)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項