アトピーに関係してアレルギーの病気を説明しています。今回は「蕁麻疹(じんましん)」。

アトピーで食べ物を摂取すると、体中に蚊にかまれたような発疹が出たことがありませんか?誰もが蚊に咬まれたことがあるので、何となく発疹のイメージ(下写真を参照してください)は想像できるかと思います。今回はそのじんましんの詳細を解説いたします。

「じんましん」とは?

じんましんの写真。このような発疹が出たら「じんましん」です
蚊に刺されたような赤い盛り上がった発疹(膨疹(ぼうしん)と呼ばれています)が出たことありませんか?それがじんましんです。かゆみを伴い、全身どこでも出てきます。若い女性に多く出る傾向がありますね。

「じんましん」の起こるメカニズム

IgE抗体がじんましんの原因になります
少し難しくなりますが、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)やじんましんの原因が体内に入ると、IgE抗体ができます。そのIgE抗体が白血球(特に肥満細胞)からヒスタミンなどの化学物質を生み出し、それが皮膚にたまって盛り上がってきます。皮膚の神経を刺激するので、かゆみを伴います。

じんましんの症状

急性は2~3週間で治まり(1~2日間で治まることが多い)、慢性は1ヶ月以上続くことが多いです。

症状は、「かゆい」。とにかく、かゆくてたまりません。かゆくて掻いた皮膚が盛り上がります。発疹の形は、点状・線状・円状・楕円状・地図状であったりさまざま。全身いたる箇所にできます。

じんましんの発疹の出ている部分は24時間以内に消えて、別の箇所に出現します。あたかも移動したり、拡がったり、形を変えます。「じんましん」の発疹は、蚊に咬まれた発疹と違って、何日も残りません。ひどいときには、目が赤くなったり、唇がはれたりしますので、そのときには、医療機関を受診してください。腫れを抑える薬(ステロイドなど)を使用します。

じんましんは出やすい人は?

じんましんは、アレルギーの病気です。アトピーがあるとじんましんが出やすく、特にアトピーの乳幼児では、食べ物が原因でじんましんが出てきます。アトピー以外にも、花粉症・アレルギー鼻炎・アレルギー結膜炎・喘息のある方も要注意。

じんましんが出やすいかどうか簡単に見る方法は赤色皮膚描記(豆知識を参照してください)です。他には、アレルギーの検査(アトピーの検査を参照してください)でIgEの値を計ります。IgEの値が高いと、じんましんが起こりやすくなります。

じんましんは一度きりで終わってしまう場合もありますが、繰り返す場合は、検査することをお薦めします。


豆知識
赤色皮膚描記:皮膚を引っ掻くと、その引っ掻いた部分に膨疹が出現。「じんましん」の誘発試験。診察時に「じんましん」が出ていないときの検査方法の1つである。

アトピーの基礎知識シリーズ
【第1回】アトピーってどんな病気?
【第2回】アトピーの原因
【第3回】アトピーの検査
【第4回】アトピーの合併症
【第5回】アレルギー・マーチって何だ?
【第6回】アトピーと喘息の関係
【第7回】アトピーは遺伝するの?
【第8回】アトピーとじんましんの関係

<参考リンク先>
蕁麻疹(じんましん)
蕁麻疹(じんましん)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項