アロマで保湿するハンドケア…植物成分を活用してつるつるハンドに!

アロマで保湿するハンドケア

かさかさの手……実年齢より上の印象を与えちゃいます!

どうしても乾燥しがちな指先や手。日頃のケアにアロマをプラスしませんか。エッセンシャルオイルの薬用成分は、市販のハンドクリームやオイルにも配合され、その効果は広く知られています。しっとり柔らかな手は、好印象を与える重要ポイント!思わず、触りたくなる手になりましょう。

今からでも間に合う、植物成分を使った保湿ケア。実践あるのみ!
   

Step1 アロマでしっかり温まる

血行促進で肌色も明るく…!

血行促進で肌色も明るく…!

血行が悪いと、せっかくのクリームなんかも効果半減。まずはからだの末端まで血をめぐらせましょう。

■からだを温めるエッセンシャルオイル このエッセンシャルオイルを2~3滴バスタブに入れてよくかき混ぜて入浴します。2種類をあわせて入れると香りも少し複雑になって心地よいですよ。オススメは「スィートマジョラム2滴&オレンジスィート1滴」のブレンド。

からだをしっかり温めたら、次はハンドクリームの効果を増すためのマッサージの方法をお教えします。たんに塗るだけでなく、効果的に実践したいものです。
 

Step2 ハンドクリームの効果を倍増!トリートメントの方法

(1)まずは、ウォーミングアップ。
両手を組みます。
ぎゅっと力を入れて握り、力を抜きます。ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ、リズミカルに握ります。
これを何度か繰り返します。
ちょうど、指先の腹が、反対側の手の甲の骨の間にはまる感じです。
 

(2)手を離して、片手ずつ指先をマッサージ。
親指を使い、反対側の指の甲を、付け根から指先に向かって、さすります。
気持ちのよい力加減でOK!特に爪や爪の横は念入りに。皮脂が少なく、かさかさになりやすい部分です。
 

(3)トリートメントしたい手の甲に、円を描くようにしてトリートメント。やさしく手の甲をなでる感じです。
 

(4)手のひらを親指でツボ押しを真似て刺激します。気持ちいいですよ!
 

さらに、オリジナルのトリートメントオイルを作れば、植物の薬効成分をもっとたくさん取り入れることができてオススメ!一度、チャレンジしてみてくださいね!
 

Step3 保湿&肌を守る栄養たっぷりアロマオイル

香り効果もプラス!
アロマオイルなら香りが心にも働きかけます
市販のクリームもいいけど、オリジナルオイルを作ってみませんか?

植物オイルはしっとりさせるだけでなく、肌を強くしてくれます。たんに塗るだけでもOKだし、先ほどの要領でトリートメントしてみてください。お部屋中に良い香りが広がってリラックスできます。寝る前のケアがオススメ。

ベースになるオイルはキャリアオイルです。特に今回おすすめは「スィートアーモンドオイル」。

スィートアーモンドオイルは肌をしっとりさせるだけでなく、やわらかくしてくれますよ!

■キャリアオイルについて
 ⇒ スキンケアの名脇役!「キャリアオイル」

■保湿に役立つエッセンシャルオイル
  • ゼラニウム……皮脂分泌を調整します。気持ちを安定させる香り。
  • ネロリ……皮膚の再生を助けます。不安を和らげる香り。
  • マンダリン……傷やシワに良いとされます。落ち込みを解消する香り。

■材料(1回使用分・余ったら容器に入れて早めに使い切ってください)
  • ホホバオイル 大さじ1杯
  • 上のオイルの中から好きな香りのもの 1滴

■作りかた
上記材料を清潔なガラス容器などにいれて、よくかき混ぜればOKです!
手全体に軽くなじませます。
ハンドクリームを塗る要領でオイルを広げながら、肌に浸透させます。

少しマッサージの手順も入れてみると、さらにオイルが浸透しやすくなるだけでなく、血行がよくなり効果的!


……いかがでしたか。
丁寧にオイルを塗ったり、トリートメントすることで、手に対して意識が高まります。たまにはじっくり手をケアしてあげましょう!

【関連記事】


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。