キャリアオイルとは

アロマテラピーの活用方法には芳香浴という、”エッセンシャルオイルの香りを楽しむ基本的な方法”のほかに、アロマトリートメントというのがあります。これはいわゆるエステのようなマッサージのような・・・つまりリラクセーションだけでなく、スキンケア効果、コリや疲れを癒すための方法をいいます。筋肉をもみほぐし、皮膚をさすって、身体のお手入れをします。アロマトリートメントを受けることができるサロンも一般的になってきました。

このとき、エッセンシャルオイルを肌に塗っていくのですが、エッセンシャルオイルはボトルから出したものを薄めずにそのまま肌に塗ることはできません。そこで、エッセンシャルオイルを適切な濃度にまで薄める基材として使うのが「キャリアオイル」です。

キャリアオイルという呼び方

carrier oilと書きます。これはもともとcarryという動詞からきていて、「運ぶ」ことを意味します。つまり、エッセンシャルオイルを身体に運ぶものとしてとらえているわけです。キャリアオイルという呼び方はアロマテラピーではとても一般的な呼び方。是非、覚えてくださいね!

さてキャリアオイルの正体は植物オイルです。例えば食用の胡麻油、オリーブオイル、サフラワーオイル、ツバキオイル・・・これはすべて植物オイル。エッセンシャルオイルよりも馴染みのあるものですよね!歴史もとても古い。昔から健康に役立てるために人の生活の身近にあるものでした。


主なキャリアオイルとその効能

130b.jpg
キャリアオイルにも意外とたくさんの種類があります。
アロマテラピーで使う、キャリアオイルには10種以上のさまざまな種類がありますが、まずは使いたい、ごく一般的なキャリアオイルをリストアップしましょう。

  • ホホバオイル
  • スィートアーモンドオイル
  • オリーブオイル




  • 3種の効能は次のページに続きます。