早春は「だるい」季節

0217d.jpg
なんとなく、ぼ~っとしてしまう……。
春は「なんとなく、身体がつらい……」といった「なんとなく不調」を訴える人が多くなる季節。花粉症などのアレルギーのせいもあるのか、心ここにあらず、な人も多いです。いくつか挙げてみましょう。

  • 春は冬の間に溜め込んだ毒素が出るため、肌には吹きでものができやすい
  • いくら寝ても眠い
  • なんとなくだるい
  • 集中力に欠けてやる気がでない など




  • 気温が上がりはじめると、ホルモンや自律神経がその変化に対応しようとします。その変化に身体がついていかないと、病気ではないんだけど、「なんとなく……」の不調が出てきます。変化への対応なのである意味、仕方がないのですが、できれば不快感を軽減して、仕事などに支障がないようにしたいもの。

    そこで提案したいのが「香り」です。


    香りで倦怠感を一掃する!

    130c.jpg
    良い香りでリラックスも大切です。
    香りは鼻から入って神経を介して脳に届きます。中でも自律神経系やホルモン系の中枢である視床下部や下垂体にも香りの刺激は伝達されるといいます。
    まさに、これらの脳の部分が、春への変化に対応するために機能する部分。体内の調節機能の中枢です。

    香りによって「良い刺激」を脳に与えましょう。気持ちがリフレッシュして、身体も楽になってきますよ。


    今回は、そんな気持ちをリフレッシュしてくれるナチュラルな香りの「ルームコロン」をご紹介します。職場での能率向上、寝室での睡眠改善やリラックスタイムにと幅広く使うことができます。アロマポットのように火も使わないため、小さなお子さんがいる家でも安心。気温が少しずつ上がってくると、においも気になるので、お部屋のデオドラントを兼ねても使えます!

    次のページで、材料となるエッセンシャルオイルをお教えします。

    「おすすめエッセンシャルオイル」は 次のページ!