パソコン時代の副作用?!疲れ目

パソコンを使っているとアッという間に時間がたって、気が付くと目がショボショボ…

パソコンを使っているとアッという間に時間がたって、気が付くと目がショボショボ……

現代病と言っていいのでは?……そう「目の疲れ」。仕事をしている人なら、いえ、勉強してる学生さんやゲームを楽しむ小さな子どもまで、いまや多くの人が抱える不調ではないでしょうか。

アロマの授業などで生徒さんに「肩こりある人?」って聞くと、ほぼ100%の女性が手を挙げますが、同じぐらいの数、目の疲れ人口が増えていると思います。

スマートフォンが普及してからはなおさら、疲れ目が急増してるに違いありません。かくいう私も、ほぼ毎日、1日8時間ほどパソコンを使っています。そしてパソコンがない場所でも、スマートフォンをついつい……。

そしてあっという間に時間が経っていて、気が付けば目がくたくたになってる始末です。

これは美容にも悪いぞ!

ってことで、そんな私も実践してて効果を感じた、アロマを使ったお手軽「疲れ目撃退法」をご提案します。疲れ目を解消して、美しく元気な目元を取り戻しましょう!


まず疲れ目とは、そもそもどのようなレベルをいうのでしょうか。

吐き気、ひどい肩こり、めまいなどの症状は危険信号です

吐き気、ひどい肩こり、めまいなどの症状は危険信号です


疲れ目にみられる不調や不快症状
  • 目がしょぼしょぼする
  • 目が重たい感じがする
  • 少しかすむ
  • 目の奥が少し痛い
  • 目がごろごろして異物感を感じる
  • まぶたが重い  など

さて1日睡眠をしっかりとっても、目の疲れがとれていなくて、あわせて次のような症状はありませんか?

  • ひどい肩こり
  • 頭痛や片頭痛
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • ひどい倦怠感
  • 目の周囲の筋肉がぴくぴく痙攣する
  • 充血している など

睡眠で目をしっかり休めたはずなのに回復せず、かなりひどい症状が残る場合は、疲れ目レベルではなく「眼精疲労」と呼ぶようです。このレベルまでいくと悪化して、視力の低下や目の病気などのリスクも高まります。その場合は医師の診断を受けましょう。

では次のページから、具体的な方法を5つご紹介します。とにかく1つでもいいのでまずは実践!