一筋縄ではいかない一流ジャズメンの名言

TOP

 

刹那的なアドリブの世界に生きるジャズメンの言葉には、ジャズメンなりの含蓄がいっぱいです。それは、ストレートな本心であったり、正反対の変化球であったり、その人柄がよく表れるものでもあります。今回は一筋縄ではいかない一流ジャズメンの名言をご紹介します。まずは、コチラから!

「みんな、正直になろう。スタンみたいに吹けるのならば、吹きたいだろう?」 ジョン・コルトレーン

ジョン・コルトレーンと言えば、説明不要なジャズ界随一のテナーサックス奏者です。そのコルトレーンにして「彼のように吹きたい」と言わせた「スタン」というのは、白人テナーサックス界の最高峰「スタン・ゲッツ」その人です。

ジョン・コルトレーンがジャズ界に残した業績は、ジャズ界にとっては、最大級の偉業です。初期、中期、後期、最晩年に至るまで進化し続けたコルトレーンのスタイルは、いまだにジャズ界に影響を与え続けていると言ってよいでしょう。

そのジャズ界を疾走したあまりに激烈なスピードは、リスナーはもちろん、音楽業界自体も対応できないほど変化に富んだものでした。特にコルトレーン後期に所属したレーベル「インパルス」時代は、激烈なモードからフリーに至った時期。コルトレーンは終生ポピュラーな人気を得ることはありませんでした。当時から現在に至るまでコルトレーンの名声は、限られたジャズ界だけでのものだったのです。

一方、白人の二枚目テナー奏者スタン・ゲッツは早くより成功し、そのまま出世街道を驀進、MGMなどの大手メジャー・レーベルと契約(レーベルはヴァーヴ)してレコードは売れまくりました。実力はもちろんですが、ボサノヴァの大ヒットで人気と収入はジャズ界でも群を抜く高さに。そのソフトな音楽は世界中のポップス・ファンにまでアピールしました。

ところが、ことスタンの評判となると、スタンの性格上の問題もあり、ミュージシャン仲間の間でさえ、決して良いものではありませんでした。当然、ねたみや嫉妬の対象としても格好の的だったのです。

そんな中、プレイ・スタイルや人柄などあらゆる点で正反対なコルトレーンが発したこの言葉「みんな、正直になろう。スタンみたいに吹けるのならば、吹きたいだろう?」は、スタンの流麗なスタイルや実力を素直にリスペクトした、真面目なコルトレーンらしい名言です。

誰よりもコードに精通し、練習に練習を重ね「シーツ・オブ・サウンド」と言われた高度なテクニックで他を圧倒し、先鋭かつ峻烈な演奏でジャズ界を引っ張ったコルトレーン。そんな激しく厳しい音楽の一方で、「バラード」や「ウィズ・ジョニー・ハートマン」などの良質なバラードアルバムを吹きこんでもいるサックスの巨匠コルトレーンの言葉は、周りを黙らせるに十分な名言です。

undefined

 

「インプレッションズ」より「インプレッションズ」Amazon


トリルを多用した短いセンテンスで歌う後期コルトレーンの特徴的なソロのモード・ジャズの傑作。ソロが始まって8分を過ぎたあたりからオルタネイト・フィンガリング(サックスの構造上、違う指使いで同じ音を出すテクニック)による倍音(音の構造上、一つの音には違う音が同時に鳴っており、その違う音にフォーカスした状態)を使った音(スカスカ音が抜けるような効果)を多用し、そのまま15分間一気に疾走します。

そのコルトレーンのあまりの迫力に、この時一緒にステージにいたアルトサックスのエリック・ドルフィーはラストのテーマの1,2音しか吹けず、伴奏のマッコイ・タイナーは、途中からコンピングをやめ、ドラムとベースだけが必死にコルトレーンにくらいついていくしかなかったという激しい演奏です。

コルトレーンの峻烈さとは正反対のスタンスを貫いたそのスタン・ゲッツには次の言葉があります。

「ジャズってのは、結局はナイトミュージック(夜の音楽)なのさ。」スタン・ゲッツ 

スタン・ゲッツほど、モダン・ジャズ期に人気と実力がリンクした幸福なジャズメンはいないと言ってよいでしょう。もし、すべてを兼ね備えた完璧なジャズメンは誰か?という問いに答えるとするならば、スタン・ゲッツは真っ先に名前が挙がるミュージシャンと言えます。

「人気、実力、経済力、健康、無茶さ」の5つの視点ですべてにおいて他からぬきんでていると言えます。しかもそれにもかかわらず、決して人間性においてはバランスの良い人間ではなかったというところがジャズメン、スタン・ゲッツの面目躍如と言ったところです。

誰からもうらやましがられたスタンのジャズ・テナー人生で、最後の最後に録音された感動的な演奏がコチラ!
undefined

 

 「ピープル・タイム・ザ・コンプリート・レコーディング」より「アイ・ウィッシュ・ユー・ラブ」(91年3月6日ヴァージョン) (Amazon


この「ピープル・タイム」は、驚くべきことにスタンが亡くなる三か月前の演奏です。コペンハーゲンのジャズクラブ「カフェ・モンマルトル」において、1991年3月ピアノのケニー・バロンとのデュオで録音されたものです。この時すでに、スタンはガンを患って何年もたっている状態でした。先入観なしに耳を傾けると、大病を患っている人とは思えないほどの瑞々しい演奏が流れ出て、ただただ感嘆するばかりです。

演奏では、スタンのブレス(息遣い)も、しっかり録音され、必ずしも身体の状態は良くなかったことがわかりますが、スタンは命を音楽に変えるかのように、切々と恋の歌を歌いあげていきます。ここにきて、この色気を発揮できるスタンのテナーには、会場はもちろん、CDで聴いているこちらもうっとり聴きほれてしまうしかない演奏です。

このライブ音源は、先に二枚組「ピープル・タイム」として出されましたが、現在ではその時のすべての音源を聴くことができる「ピープル・タイム・ザ・コンプリート・レコーディング」が手に入ります。そして、この曲「アイ・ウィッシュ・ユー・ラブ」は全3ヴァージョンともこのコンプリート盤でしか聴くことができません。

3ヴァージョンともに素晴らしい出来ですが、今回ご紹介したこの最後の91年3月6日ヴァージョンはなかでも特にシンプル。最後にスタンがいたった境地に感動してしまいます。

スタン・ゲッツが生涯奏でたサックスの音色は、スタンの言葉通りの極上の「ナイト・ミュージック」です。

次のページでは、一家を構えるモダン・ジャズ二大勢力の一つと、親分を困らすやんちゃなピアニストの登場です!