ハンク・モブレー 「ハンク・モブレー・カルテット」より「アヴィラ・アンド・テキーラ」

 
ハンク・モブレー・カルテット

ハンク・モブレー・カルテット

 
題名にあるアヴィラは、スペインの都市の名前。そして、テキーラはご存じメキシコの代表的な蒸留酒です。これはスペイン人から製造法が伝わったとされているスピリッツ。その因果関係にある都市とお酒の2つが題名になったこの曲は、ラテンタッチと4ビートがほど良くブレンドされた佳曲です。作曲したのはハンク・モブレーその人。

それでなくとも、どことなく臭味のあるテキーラとハンクのテナーは相性がぴったり。透明感のあるスッキリとしたポール・デスモンドとは対照的なコクがあり、パンチもあるハンクのテナーは、まさに情熱の酒テキーラ。

このCDはハンクの記念すべきブルーノートデビュー第一弾。気のせいか、普段よりもバリッとした硬めの音で鳴るハンクのテナーが特徴的。

もしかしたら、大好きなテキーラを控えて、張り切って吹きこんだのかもしれませんね。そんな、想像が楽しい、初々しいハンクのテナーが楽しめます。

Amazon
 

オスカー・ピーターソン「ウイ・ゲット・リクエスツ」より「酒とバラの日々」 

We Get Requests

We Get Requests


この曲は「ザ・デイ・オブ・ワイン・アンド・ローゼズ」という原題で、夫婦そろってアルコール依存症に苦しむお酒の持つ残酷な一面を描いた映画の主題歌です。

その割には、明るい曲調で、ここでのオスカー・ピーターソンの演奏からも、その悲惨さは微塵も感じられません。テクニカルに軽快に演奏する事で、むしろ人間の弱さや小ささを表現しているかのようです。

原題にあるワインは、お酒全般を指しますが、こと葡萄酒、ワインに絞ってみると、赤白あり、それぞれに奥が深く、種類も多いため生半な知識では極める事はできません。とは言え、結局お酒はお酒。気楽に飲みやすいと感じるものから覚えて行きたいものです。

「酒とバラの日々」は、ワインの種類くらい演奏されているスタンダードですので、深刻な内容の歌を小粋に呑みやすく、聴きやすく演奏する、このオスカー・ピーターソンから入って行くのが良い方法かもしれません。

Amazon
 

ワインで思い出すのが…

ワインで思い出すのが、テナーサックス奏者デクスター・ゴードンが自ら出演し、アカデミー助演男優賞の候補にまでなった映画 「ラウンド・ミッドナイト」です。
 
ラウンド・ミッドナイト

ラウンド・ミッドナイト

 
デクスター本人と、ピアニストのバド・パウエルがモデルになったこの映画において、フランス人のファンがアメリカのサックス奏者デイル・ターナーを演じるデクスターを食事に誘って、赤ワインを水で薄めて出すシーンがあります。

もちろん役柄デイルの体を気遣っての事ですが、そこでのデクスターの演技とは思えないしぶい表情が印象的です。

この映画に出演する少し前の81年頃に来日したデクスターの演奏を郷里の会津若松で見ました。小さなコンサートホールでしたが、最初の三曲位をトリオで演奏して、随分たってからようやくあの映画通りのゆらーっとした足取りで袖から出てきたデクスターは、自らのMCで曲を紹介しながら吹き始めました。

Amazon


その時の曲が彼の代表作の「ゴー」よりの「チーズケーキ」
 
ゴー!

       ゴー!

 
どう見ても大酒飲みで、この時もおそらくはステージの袖で一杯やっていたであろうデクスターの代表作が「チーズケーキ」というのも可笑しいところです。

その時の演奏の出来がどうだったかは、正直あまり覚えていませんが、初めてみたジャズジャイアントの勇姿に、目の前のデクスターが現実とは思えない様な、不思議な感覚に囚われたのを憶えています。

もしかしたら、大きなデクスターの大きなサックスからもれ出す、お酒の香りに、まだ未成年の私が酔ってしまったのかもしれませんね。

ジャズはお酒と同じ、覚えるまでに時間がかかるもの。たとえばビールのように、最初はこんな苦いものどこが美味しいのだろうかと思えたものが、今では、いつの間にか水よりも大事な存在に。もしかしたら、一筋縄ではいかないタフさが、ジャズとお酒に共通した大人の愉しみなのかもしれません。

今回のお酒とジャズはいかがでしたか。ぜひ一度どこかでご一緒したいものですね。また次回お会いしましょう!

Amazon
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。