ジャズと踊り。今となっては何となく結びつかないワードになっていますが、実はジャズにはダンス・ミュージックとして発展してきた歴史もあります。約120年の歴史の中で大きなダンスの波は二回ありました。1930年代~40年代スウィング・ジャズ1980年代から90年代にイギリスから起こったアシッド・ジャズです。

スウィング・ジャズで踊る

1900年ごろに生まれたとされるジャズ。酒場の音楽としてどんどん浸透しましたが、第一次世界大戦のあおりで、ニューオリンズの繁華街は火が消えてしまいます。そして1920年代は33年まで続いた禁酒法によってミュージシャンは大打撃を受けました。

有名なギャングのアル・カポネが闇の酒場を仕切っていたシカゴと悪玉政治家のトム・ペンターガストが州ごと実権を握っていたカンザスシティの二か所でしぶとく生き残るしかありませんでした。広いアメリカでもこの二か所だけが、なかばおおやけに酒場があり、バンドを必要としたからです。

そして、いよいよ30年代半ばになって、一気に各所に大型のボールルーム(ダンスフロア)ができ、ダンス音楽としてのスウィング・ジャズの全盛期がやってきます。このブームは45年の第二次世界大戦の終戦まで続くことになります。

この約10年間のジャズは、まさに踊るための音楽。そして、あらゆる音楽ジャンルの中でも最もポピュラーで売れた音楽だったのです。

その黄金時代も、45年以降ビ・バップ、つまりはモダン・ジャズの台頭により終幕を迎えます。そして、踊るための音楽の座もロックンロールやソウルに明け渡すという事になりました。

これぞ踊るためのジャズ:グレン・ミラー楽団「イン・ザ・ムード」
ベスト・オブ・グレン・ミラー

ベスト・オブ・グレン・ミラー


息の合ったアクロバティックなタップダンスで有名だったプロ中のプロ「ザ・ニコラス・ブラザース」から一般のカップルまで、幅広い層がそれぞれのスタイルで踊りまくったのがこの曲。それこそ全米中が踊ったスウィング・ジャズのパワーはジャズの歴史の中でももっとも華やかな時期だったと言えるでしょう。

スウィング・ジャズは当時の最も豪華なダンス・ミュージックだったのです。

次のページでは第二次踊れるジャズ期といえるアシッド・ジャズとは何か?をご紹介します。

Amazon