ジャズ楽器を始めてみよう! ピアノ編

日本においてピアノは、楽器の中でも上位を占める人気楽器です。教室なども街のいたる所にあり、子供のころから習っていたという人が多いのも特徴です。誰もがクラスに必ず何人かはピアノが弾ける子がいたような思い出があるのでは。

でもこのピアノ、習得には結構努力と時間が必要です。「バイエル」にはじまり「チェルニー」へと進むにつれ、段々疎遠になってしまったという方も……。とは言え、子供のころに習い覚えた技術はそうそうに忘れないもの。ジャズを聴いて、ピアノのムシがむずむずしている方も多いのではないでしょうか。

「何年もピアノに触ってないから」「もう忘れちゃったし、時間もない」とあきらめているあなたに、もう一度演奏する楽しみ(苦しみ?)を思い出してもらいましょう。まったく初めての方も、良い機会ですので思い切って始めてみてはいかがですか。

きっと、新しい世界があなたを待っているはずです。

1、楽器と練習場所

まず、始めるにあたってご自分のピアノやキーボードをお持ちの方は、楽器と練習場所は一気に解決です。ご自分の環境で、始めて下さい。お持ちでない方や、まったく初めての方には、やはり本物のピアノで練習される事をオススメします。

ひとつには、やはりサウンド的にいわゆるピアノとキーボードでは別の楽器と考えた方が良い事と、もうひとつは、これが大事ですが人前で演奏する機会や披露した場合のインパクトが違うからです。

バーやレストランなどはもちろん、ピアノが置いてあるオシャレな環境では、成り行きでちょっとご披露といった場面に遭遇することも十分あり得ます。日頃からピアノに親しんでおくということが大事になってきます。

ピアノを弾くというのは、結構根気がいる行為です。いつの日か、練習した曲をさりげなく披露するご自分の姿を想像して、励みにするのが練習を続けるモチベーションにもなるでしょう。

それでは、どこに行けば本物のピアノで練習ができるのかという疑問には、やはり前回のサックス同様、貸し音楽スタジオが良いでしょう。

大概の貸し音楽スタジオが、ピアノを置いている部屋を持っています。ピアノに関しては、特に演奏人口が多いために、ピアノ専用のスタジオもあるくらいですので、ご自身のお近くの練習スタジオをご利用ください。

探し方も前回同様、WEBの検索で「ピアノ練習 貸しスタジオ 場所(ご自分の都合の良いところ)」といれれば沢山探せますので、お試しください。

2、曲選びと譜面

いよいよ、ピアノと場所が準備できたら、次は曲選びと譜面が必要です。ピアノはメロディ、和音、リズムの全てを表現することが出来る楽器です。それだけに特にクラシックでは、始めのうちはずっと一人で練習や演奏をすることが多いです。

もちろんジャズにもソロピアノはありますが、折角ジャズが好きになったのなら、色々な楽器と一緒にやれたら楽しいもの。そこで、曲選びと譜面は下記をオススメします。

はじめてのジャズピアノトリオ with CD 1人でも楽しめる名スタンダードナンバー30

この譜面集は、模範演奏のCDもついており、楽譜だけではなく、耳からのイメージも湧かせることが出来る心強い味方です。収録曲も、ジャズ演奏のイロハと言われるものはほとんど収録されており、選曲のバランスも良く、この本をマスターとまでは行かなくても、持っていれば、他のプレイヤーともセッションが出来るのが特徴です。

特にジャズ演奏の四大イロハ

■その一、循環コード 
■そのニ、Fブルース  
■その三、枯葉
■その四、マイナーブルース


がそれぞれ代表的な曲で紹介されているのがうれしいところ。次のページでそれぞれの代表的な演奏と特徴をご紹介しますね。