ジャズ楽器を始めてみよう! ベース編

ロックやポップスなどでは、ビートルズのポール・マッカートニーやポリスのスティング、日本ではキャロルの矢沢永吉など、ベーシストはボーカルで存在感をアピールできますが、ベースの音だけで表現しなければいけないジャズにおいては、リズムセクションの中でも地味な存在と思われがちです。

でも、何と言っても4ビートの要となるベースのラインは、ジャズにとっては無くてはならないもの。今までロックなどでベースを弾いていた人はもちろん、ギターからの転向を考えている方や、まったく初めての方でも、これを機会に楽しみながらジャズ・ベースを始めてみたらいかがでしょうか。

1、楽器と練習場所

ベースに限らず、楽器は本来ならば、最初から良いものを買った方が良いとは思います。ですが、ことベースに関しては、本格的に始めた場合、クオリティや音楽的志向、ウッドかエレキかなど選択肢が多いので、初めての方は無理せず、この辺から初めることをおススメします。そして、ある程度自分で見極めてから良いものを買った方が良いと思います。


とてもリーズナブルなセットですが、ベースの場合は良いものほど意外と楽器の値段が高いので、最初は極力出費を抑えて、この辺でトライしてから、徐々にご自分にあった物に替えて行くのが良いでしょう。

さあ、自分のベースが用意できたら、いよいよ練習です。ベースはアンプを通さない限り、それほど場所を選ばずに練習できるのが良い点です。ご自分の環境で練習が出来る方には、どんどん先に行って頂くとして、まったく初めての方は、最初はアンプなしで気軽に練習をしていってください。

そしてある程度ラインを覚えたら、いよいよアンプを通しての練習です。最終的にはアンプを通した音で勝負するので、アンプを通した音づくりをしなければいけません。

そこでアンプがあって練習が出来るおススメの練習場所は、「貸し音楽スタジオ」と言うことになります。WEBの検索で「音楽練習 貸しスタジオ」と入れれば沢山探せますので、お試しください。

ジャズベース演奏参考曲 第三位
デューク・エリントン「マネー・ジャングル」より「ヴェリィ・スペシャル」

マネー・ジャングル

マネー・ジャングル

このCDはジャズ界の大御所、デューク・エリントンにそれぞれモダンジャズを代表するベーシスト、チャールズ・ミンガスとドラマー、マックス・ローチが胸を借りたような演奏です。

ここでのデュークのスタイルは、例えば同じピアノトリオでも、ビル・エヴァンストリオの様にレギュラーで練習し練り上げたものとは違います。一発勝負でそれぞれの個性のぶつかり合い。いかにもこの録音のために集まったトリオと思わせるハードでスリリングなものです。

これは「オーケストラは私の楽器だ」と言ったとされるデューク本来の大編成による楽団の演奏にも、感じさせる特徴です。それは決してリハーサルをしないということではなく、ジャズ本来の持つ偶発的なスリルを重視しているということです。

メンバーが各人のサウンドをそのまま出し合い、その時その時の自己主張の強いそれぞれのサウンドをデュークが重ね合わせる。そしてその音の束となったものを切れ味のよい包丁で切って出すといったような、言ってみればおいしい太巻き寿司を作る寿司職人のイメージ。

このCDは、いつもはふてぶてしいベースのチャールズが、駆け出しの頃お世話になった親父のデュークを前にして、久しぶりに緊張している様が面白さを生んでいる演奏です。デュークの太巻きの具材になって、その中でなんとか個性を出そうと奮闘する姿に好感が持てます。

その他の曲選びと譜面については、次のページでご紹介します!

Amazon