雨の日に聴きたいジャズバラード7選

せっかくの休日なのに、朝から外は雨模様。出かけたくはないけれど、家で何もしないのはつまらない。そんな時は雨の日にピッタリのジャズバラードを聴きながら、憂鬱な時間をちょっとイイ時間に変えてみませんか?

おすすめCD一枚目:有名ピアニスト、ビル・チャーラップの率いるニューヨーク・トリオ「オールウェイズ」

オールウェイズ

      オールウェイズ


<「オールウェイズ」より おすすめベスト3選>
「オールウェイズ」
「ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル」
「チェンジ・パートナー」


このCDはまず、ジャケットの素晴しさに目を奪われます。スポーツカーで颯爽とドライブするレトロな恋人同士がほほえましく、カッコイイ写真です。天気さえよければこのジャケットのように今頃きっと……といった気持ちはひとまず置いておき、早速CDをセットしてください。
 

オールウェイズ 

一曲目「オールウェイズ」でのピアノの清々しい音色に浸ると、すぐにでも雨の休日が雰囲気のある時間に思えてくるはずです。

演奏している「ニューヨーク・トリオ」のリーダー、ピアニストのビル・チャーラップは1966年生まれの生粋のニューヨーカーです。母親は1960年代にヒットを放った有名なシンガーで、父親はブロードウェイ(演劇)の作曲家という恵まれた環境に育ちました。

1940年代後半から、ジャズの世界では「モダン・ジャズ」と言われるジャンルの時代になっていきます。現在ではさすがに「モダン・ジャズ」の創成期から活躍したミュージシャンは一線を退いている人が多く、二世三世へとバトンタッチされています。

このCDでピアノを弾いているビル・チャーラップもそういった新しい時代の期待の星の一人。

彼のピアノには、その育ちのよさを感じさせる、凛とした品格のようなものがあります。テーマメロディをあまり崩さず大切に扱い、ソロではテンポよく聴きやすいプレイに徹します。聴く者をゴージャスで楽しい気分にさせてくれます。
 

ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル 

次のおすすめは「ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル」。このCDでは三曲目に入っています。

あれ、この曲どこかで聞いたことがある? と思う方も多いのではないでしょうか。そう、以前のコラム「これからジャズ(JAZZ)を聴いてみたい人へベスト3」でも紹介しました「ジョンコルトレーンとジョニーハートマン」の一曲目の曲と同じです。

あのビロードのような、つややかなハートマンの美声によって歌われたこの曲が好きになった方は、きっとニューヨーク・トリオの演奏も気に入るはず。

ビル・チャーラップはテーマをほとんど崩さずにメロディを綴っていきます。ピアノの音が一音一音粒だって聴こえ、まるで雨のしずくの様です。まさに雨の日にうってつけなジャズと言えます。これからは雨の日も、あなたにとって憂鬱ではなくなるはずです。
 

チェンジ・パートナー

次におすすめの曲「チェンジ・パートナー」は、このCDの六曲目に入っています。

この曲は、男性と踊る女性に、「ダンスのパートナーをチェンジして僕を選んで」と迫るちょっとスリリングな恋の歌です。どうにも止まらない恋の高鳴りを表現したプレイは聴きどころです。

この曲を作曲したのは、アメリカでは知らない人はいないと言われる大作曲家の「アーヴィング・バーリン」です。彼は、ロシアで生まれ五歳の時にアメリカに渡りました。決して恵まれたとは言えない環境に育った彼の音楽家としての人生は、チャイナタウンのカフェの歌手がスタートでした。

そこから、数々の名曲をものにし、アメリカ第二の国歌とも言われる「ゴッド・ブレス・アメリカ」や誰もが知っている「ホワイト・クリスマス」などによって「彼自身がアメリカの音楽だ」とまで言われるようになります。

そんな順風満帆な音楽人生を送った彼も、実は反面悩みや苦しみを多く抱える人物でした。彼の最初の奥さんは新婚旅行に行った先で疫病にかかり、半年後に亡くなってしまいます。

そして、時間をかけて傷心から立ち直ったアーヴィングが次に恋した女性とは、女性の父親によって無理やりに引き裂かれる運命にありました。それでも、アーヴィングは彼女を愛し続け、ついには何年もかけて、二人は晴れて一緒になる事が出来たそうです。

そんなアーヴィングが作った曲だからこそ、「恋をしたならば、回り道はせずに少しくらい強引な手を使っても」という歌詞の内容が生きてくると思えます。

Amazon

番外編 ~チェンジパートナーと言えば~ 

もしも、先程ご紹介した「チェンジ・パートナー」が気にいったならば、次にはぜひこちらのCDも聴いてみてください。

有名歌手フランク・シナトラ  「シナトラ・ジョビン」
 

シナトラ・ジョビン

シナトラ・ジョビン

 

 「シナトラ・ジョビン」では、大御所歌手フランク・シナトラの歌声で「チェンジ・パートナー」を聴く事が出来ます。必ずしもボサノバに合っているとは言いがたいシナトラも、この曲ではさすがの粋な色男ぶりを発揮しています。

「ねえ君、あいつとばかり踊っていないで、パートナーをチェンジして、そろそろ僕と踊ってよ」とストレートに女性を誘い、「あいつにはウェイターから電話が入ったって呼び出してもらうからさ」や「僕と踊ったら、二度とパートナーを変えようなんて思わなくなるよ」などと自信とウィットに富んだ不良っぽい歌声は、まさにはまり役。

この演奏が好きになったら、他にもこの曲の違う演奏を探してみてください。

「雨の日」に聴いてほしいCDとそのストーリー、まだまだ次のページでご紹介します。
 
Amazon