今や真夏の風物詩のようになった7、8月の「ゲリラ豪雨」とは違い、この9月には「秋の長雨」と呼ばれる風雅な雨があります。特に関東より北の地方は梅雨よりも降雨量が多いそうです。

この時期、夏のレジャーで疲労がたまった心と体をいたわるように、たまにはひっそりと部屋にこもってみるのも良いでしょう。雰囲気のあるジャズでも聴きながら、自分の内面と対話するのも良いかもしれません。今回はそんな秋の長雨にじっくり聴きたいジャズ(JAZZ)をご紹介します。

ジョージ・シアリング 「九月の雨」より「九月の雨」


九月の雨

九月の雨

ヴィブラフォンとピアノのユニゾンで、現実感の少ないロマンチックなイメージのテーマから、サビに入るとピアノ奏者ジョージ・シアリングのピアノソロになります。そのソロのピアノの音が、まるで雨どいをたたく雨のような忙しさ。まるでカーテンを開けて、部屋の中から強い雨足を見て、楽しんでいるかのようです。

ジョージ・シアリングはナイトの位を持つ盲目のピアニスト。イギリスに生まれた彼は大西洋を渡り遠くアメリカの地で大成功をおさめます。

それだけに良く聴くと、彼の音楽にはロマンチックなだけでなく、大胆な肝の据わった人物が奏でる激しさも持ち合わせています。その強いハートからくる激しさを音楽上に上手にコントロールして、ほどよい甘さとブレンドさせたのが彼の成功の原因です。その他にも彼は有名なジャズスタンダード「バードランドの子守唄」(ララバイ・オブ・バードランド)の作曲者でもあります。

盲目と言うハンデを背負いながらも勇気を持って成功した彼に、生まれ故郷のイギリスは大英帝国勲章の将校の位(オフィサー)とナイトに任命しました。

そんなジョージの演奏は、甘さと厳しさが絶妙にブレンドされた、ナイトにふさわしい颯爽たる趣があります。体調とともに落ち込んだ気持ちをやさしく奮い立たせてくれる演奏です。

Amazon

西条孝之介 「リザレクション」より「ヒアズ・ザット・レイニー・デイ」


リザレクション

リザレクション

この曲「ヒアズ・ザット・レイニー・デイ」は雨の日の失恋を歌った1953年のスタンダードソングです。フランク・シナトラの十八番だったこの曲ですが、ここでは日本を代表するクールテナーサックス奏者、西条孝之介を聴いてみましょう。

この西条の「リザレクション」というCDは、「日本のスタン・ゲッツ」と言われ、オーソドックスなサックスプレイに定評がある西条が、前衛的ともとれる表現に至った異色作です。

この録音当時1974年の、ジャズ界に現れてきた「フュージョン」という新しい流れ。60年代のフリー・ジャズを経て、聴きやすい音楽に流れていったジャズ界の風潮にあえて逆らう様に、ここでの西条のプレイはラジカルに響きます。

レコード会社からの指示は「バラード中心で聴きやすいもの」と言う事だったとされていますが、西条他メンバーの方向性は、聴きやすいと言うよりもむしろ自分たちの当時の表現したい音楽に向かったものです。

リーダーの西条はもちろん、ピアノ奏者の前田憲男などスタジオワークなどもこなす腕達者ぞろいのメンバーですので、聴きやすさを追求すれば容易に出来たはず。そこをあえてこの方向へ向かったのが、快演を生みだす結果となりました。

それだけに、正直曲によっては、その意気込みが少し空回りしている演奏もあり、全曲オススメとはいきませんが、この1曲目の「ヒアズ・ザット・レイニー・デイ」は、異様な迫力のある名演です。

まるでビルの高層階のギリギリのところに立っているかのような、落ちそうで落ちない、切れそうで切れない、でもこの先どうなるかわからないといったスリルを想像させる様な演奏です。

これは、ひとえに当時の西条及びメンバーの音楽に対する真摯さからゆえ。その武骨さ、ある種の真面目さには、聴く側も襟を正して、向き合わなければいけない気がしてきます。

冬枯れになってしまう前の初秋の雨の日に、我が身を振り返って、自分の人生について考えてみる。そんな大切な時間にじっくり聴きたい。そう思わせるような緊張感のある演奏です。

そういう目で見ると、ジャケットも、現状から何とかして飛び立たんとしている自分の姿に投影でき、秀逸。

Amazon

バルネ・ウィラン 「French Movie Story」より「シェルプールの雨傘」


French Movie Story

French Movie Story

この「シェルプールの雨傘」を作曲したのが、フランスにおいて映画音楽の巨匠としてゆるぎない地位を誇るミッシェル・ルグランです。

彼は、その巨匠としての顔の他にジャズの分野でピアノやアレンジャーとしても活躍、1958年にはジョン・コルトレーンなどを配したマイルス・デイヴィスとの「ルグラン・ジャズ」を発表しているほど、本格的にジャズと関わっています。

そのミッシェルと同じフランス人のテナー奏者バルネ・ウィランは、ここでは甘いこの曲をあえて突き放して、ビターなサウンドで演奏しています。その感情移入を廃したそっけなさが、むしろ強烈にフランスの匂いを発散させる事になり、終わった後にまたかけ直して、幾度となく聴いてしまう不思議な魅力をこの演奏にもたらしました。

雨の日に聴けば、聴きこむほどにドラムのエディ・ムーアのトップシンバルの音が雨音のように聴こえてきます。さらにピアノのマル・ウォルドロンのソロが、決して流暢とは言えない独自のスタイルで、雨の日の少し憂鬱な気分を表しているかのようです。

そこは酸いも甘いも噛み分けた、人生の滋味を思わせる世界。この魅力に囚われたのならば、あなたはきっと、この曲とバルネ・ウィランが好きになるはずです。

さあ秋の長雨のシーズン、我が身を振り返る自分の内面への探求の旅はいかがでしたか。あなたの心に、ご紹介したジャズが届く事を祈ります。それではまた、次回お会いしましょう!

Amazon


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。