ジャズにはいろんな楽器が登場します。どの楽器がどういった役割を果たすのかが理解できるとジャズを聴く楽しみは深まります。ジャズをもっとよく知りたい人、ジャズ演奏を始めようかと考えている人にお送りする、ガイド流ジャズ楽器講座!

何でもできる万能ミッドフィルダー~ピアノ

ピアノ
ピアノ
「小さなオーケストラ」の異名は伊達ではない。何でもできる万能楽器はジャズの世界でも中心選手。
50年代、ベース、ドラムとともにジャズ演奏の中心的な楽器として定着したピアノ。和声と旋律を同時に奏でることができ、また、弦を打って音を出すという構造上、打楽器的なリズムも産み出せるため、ソロ、コンボ、オーケストラなど、さまざまな編成において大きな役割を果たすことができるフレキシビリティの高い楽器です。

こういった特性から、他の楽器奏者でも、作曲・編曲や和声研究のためにピアノを用いるミュージシャンはたくさんいます。特にサックス、トランペットなどの旋律楽器の奏者は、ライブで演奏するかどうかはともかく、ピアノを用いて作曲・編曲活動を行うことが多いようです。

●ピアノの巨人たち
セロニアス・モンク、バド・パウエル、ビル・エヴァンス、トミー・フラナガン、レッド・ガーランド

バンドを支えるセンターバック~ベース

ベース
ベース
何はなくともベースがなくては始まらない。ジャズには欠かせない楽器です。
コントラバス、ダブルベースともいう。通常、バンド演奏においてもっとも低いパートを担当します。ジャズでは多くの演奏において、4分音符を連ねたラインを演奏することによって、その演奏の基底となるグルーヴを産み出す役割(ウォーキング・ベースと呼ばれる奏法)を担います。一方、ソロになると豊かな音域を生かして旋律を奏でたり、パーカッシブな奏法や、アルコ(弓)を使った奏法などによって、多彩な表現を行うことができます。

ベースはジャズバンドの要であり、そのバンドのグルーヴはベーシストが生み出すものといっても過言ではありません。リスナーにとっては、バンドリーダーでもなければなかなか目を向ける機会のない楽器ですが、お気に入りのCDのベーシストの名前を覚えて、彼の参加するレコードを集めてみるのも一興。案外、あなたを魅了していたのは、(リード奏者の演奏ではなく)彼が生み出すグルーヴかもしれないからです。

●ベースの巨人たち
チャールズ・ミンガス、ポール・チェンバース、レイ・ブラウン、ロン・カーター、パーシー・ヒース

フリーキックも蹴れるキーパー?~ドラム

ドラム
ドラム
時には主役、時には背景。リズムが大切なジャズにおいては、音階がなくても十分に「語れる」楽器です。
ジャズのライブに初めて足を運んだ人が、最初に衝撃を受けるのがジャズドラムではないでしょうか。他の音楽ジャンルでは見られない、自由奔放、表現力に溢れたドラムプレイを聴けるのがジャズドラムの楽しさです。ジャズの場合、基本となるのはハイハットとスネア、バスドラムによって生み出される4ビートのグルーヴです。

参考過去記事「ジャズドラム特集」(ドラムに関する詳しい情報)

ドラムのグルーヴは多彩で個人差が激しく、バンドリーダーがメンバーを選ぶ際にも、神経を使うポイントとされています。マイルス・ディヴィスはその自伝の中で、再三にわたってトランペットにとってのドラムの重要性を語っていますし、セロニアス・モンクの伝記ではアート・ブレイキー、マックス・ローチらとの交流が、彼の音楽に大きな影響を与えた可能性に触れています。

基本的に音階を出せない楽器ですが、ジャズの大きな柱である「リズム」について、もっとも専門的にかかわることのできる楽器であり、ジャズという音楽を飲み込むうえで、ドラムへの理解は欠かせません。

●ドラムのジャズ・ジャイアンツ
マックス・ローチ、アート・ブレイキー、フィリー・ジョー・ジョーンズ、トニー・ウィリアムス、ジャック・ディジョネット


次ページでは、トランペット、サックスなどのフロント陣を一挙紹介!