小学校で使う楽器を除いて一番演奏され、親しまれていると言われるギター。日本だけに限らずギターはクラシックからポピュラーまで、音楽にとっては無くてはならない楽器の代表です。そして、男女を問わず誰もが一度は弾いてみたいとあこがれを持つ花形楽器でもあります。

そんなギターを一度は手にしたものの、「昔は良く練習したけど、今はもう…」と言う方も多いのではないでしょうか。折角、ジャズに興味が湧いたのですから、この機会に久しぶりにギターを出して、どうせならジャズギターを練習してみませんか。

ギターはソロも伴奏もできる楽器ですので、新しい音楽仲間との出会いがあるかもしれません。きっと、楽しい世界があなたを待っているはずです。まったく初めての方も、良い機会ですので思い切って始めてみましょう。どんな名人でも、誰もが始めの一歩はあったのですから。

1、楽器選び

まず、始めるにあたってご自分のギターをお持ちの方は、種類は何であれ楽器はそちらをお使いください。買い替えるのは後になってもいくらでも出来ますし、その方がご自分の好みもはっきりしてくるので失敗が少ないでしょう。初めての方で、ギターをお持ちでない方には、こちらをおススメします。

Ibanez Artcore Expressionist AFJ95-VSB

Ibanez Artcore Expressionist AFJ95-VSB


まずは、出費を少なくリスクを減らす意味でも、そして何よりも大切な要因として、ジャズギターを演奏している雰囲気を味わうためにも、フルアコースティック(通称フルアコ)と呼ばれるエレキギターがおススメです。

ギターには、クラシックやフラメンコなどで使われるアコースティックギターとロックやポピュラーシーンで幅広く使われるエレキギターがあります。エレキギターには大きく分けてソリッド、セミアコースティック、フルアコースティックという3つの種類があります。

そして、その今回おススメするのがエレキギターの3種類の内でフルアコースティック(略してフルアコ)というものです。その理由は、写真を見て頂ければご理解いただけると思いますが、ジャズギターと言えば、やはりフルアコというのが、そのサウンドや見た目も含めて多くのリスナーとプレイヤー両方の共通した意見だからです。

楽器を始めると、違うメーカーや種類を欲しがる傾向があります。特にギタリストはその傾向が強いようです。その上、徐々に高額の名器が欲しくなって来るのは、ある意味当然の成り行きです。将来必ず違うものを買うのならば、ご自身が本当にその気になるまで、最初はなるべく出費を抑え、軽く始めるのがコツです。

Amazon

これからジャズギターを始めるあなたに、おススメCDベスト3
第3位 グラント・グリーン 「アイドル・モーメンツ」より「アイドル・モーメンツ」

Idle Moments

Idle Moments


グラント・グリーンはそのブルージーで、ある意味分かりやすい演奏からロック世代のギタリストからも人気の高いジャズギタリストです。コードでのソロはほとんど取らず、シングルトーンでフレーズの繰り返しが多い独特なソロは、彼が超有名アルトサックス奏者チャーリー・パーカーをアイドルとして、そのアルトサックスソロから多くを学んだ事によるものと言われています。

この曲「アイドル・モーメンツ」では、そのグラントの特徴が最も良く出ています。曲が始まってタイムが3:00のところで2回繰り返して弾いた同じフレーズを4:35から13回繰り返すあたりが真骨頂。

一緒に演奏する、普段は新主流派(1960年代中頃の主流派ジャズの種類)の俊英テナーサックス奏者ジョー・ヘンダーソンも、いつもの凝縮した豪快な硬めの音色を封印しています。そしてサブトーンを中心の夜のささやきのようなオールドなスタイルで吹いているのが可笑しいところでもあります。

いずれにしても、名演ぞろいのこのCDは、当初はリズム&ブルースバンドで働き、サックスのソロに影響を受け「ホーンライク」と言われたグラントの代表作と言えます。

この後に彼は時代の流れに沿ったのか、次第にファンク系(ソウル・ミュージックの種類、ジャズの4ビートとは違い16ビートのダンスミュージック)の音楽を演奏し、アドリブではビ・バップのコードに沿ったフレージングから全体を一つの調性と捉えたペンタトニック(ド・レ・ミ・ソ・ラの5音音階の事)を中心にプレイするようになります。

ジャズ、特にフュージョン系のサックス奏者の中には、マイケル・ブレッカーのように明らかなロックギターからの影響を口にする人も少なくあリません。(例えばマイケルの場合は、音の音程を変化させて、ニュアンスを作るベンドという奏法にロックギターからの影響は明らかです)

また、ロックギタリストと同じように主にペンタトニックでソロを構成するデイヴィッド・サンボーンもその一人です。そこには、コマーシャルなポップ音楽の流行として、70年代までは歌の合間のソロの多くをギターソロが埋めていたのに対して、80年代に入るとサックスソロを入れるのが流行ったという事が理由の一つに挙げられるかもしれません。

それまではポピュラー音楽のスタジオの仕事をするサックス奏者のほとんどがジャズ寄りだったものが、頻繁にコマーシャルな仕事のソロを取る様になった時に、それまでのポップスのソロ場面での主流だったギターソロの影響を受けたとしても不思議なことではありません。

そういう意味では、グラント・グリーンの音楽的変化は、以前ご紹介したジャズアルトサックスの流れチャーリー・パーカー(ビ・バップフレーズ)からデイヴィッド・サンボーン(ペンタトニックフレーズ)への流れに近いものを感じます。

43歳で亡くなったグラントがもう少し長生きをしていてくれたら、ギターの世界での新しい流れを作り、もしかしたらジャズアルトサックスの世界にも少なからず影響を及ぼしたかもしれませんね。

いよいよ練習にあたっての練習場所の紹介は次のページへ!

Amazon