デュオは、ジャズの中ではそれほどポピュラーな形態ではありません。それは、演奏者にとっては、最もゴマカシのきかない緊張感にあふれるものだからかもしれません。

それだけに、二人の息がピタリと合ってハマった演奏になった時の素晴らしさは、また格別のものがあります。今回は、その二人だけの世界、デュオ・ジャズの名演をご紹介します。

ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン(b) ジョー・パス(g) 「チョップス」より「オレオ」

 

Chops

Chops

良いデュオ・ジャズを演奏する条件は三つ。

第一にはやはりそれぞれの楽器を演奏する技量が高いものでなければならないということ。その上で、第二に表現するアイディアや曲想をしっかり持ち、第三には二人の呼吸を合わせ、より高い次元を目指すものでなければなりません。

そういった意味で、この1978年録音の「チョップス」は、代表的なものと言えます。ここに展開されるのは、それぞれの楽器のヴァーチュオーゾ(達人)同士が火花を散らす真剣勝負です。

ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセンは、デンマーク出身のベース奏者です。10代のころからその名はヨーロッパ中に知れ渡り、本場アメリカのミュージシャンに驚かれるほどのテクニックを持っていたベースのヴァーチュオーゾです。

対するジョー・パスはアメリカのギター奏者。ジョーもまた、代表作が「ヴァーチュオーゾ」という名のアルバムを出すほどの名人。その二人ががっぷり四つに組んで、それぞれの持ち味と唄心を競ったのがこの「チョップス」です。

このアルバムは、私が大学のジャズ研に入ったばかりの頃に、ギターの先輩に教えてもらったアルバムです。「すごいぞ、ジョーパスが押されてるよ、このベースに」と笑いながら聴かせてくれたのがこのアルバムでした。

ご紹介する曲の「オレオ」はテナーサックス奏者のソニー・ロリンズの代表曲。「アイ・ガッド・リズム」という曲のコード進行をもとに作られたものです。

大学のジャズ研では、「ブルース」や「枯葉」とともに演奏されることが多い、「循環コード」と呼ばれるコード進行です。その参考にと聴かせてもらった時は、あまりのテクニックに衝撃を受けました。

テーマ部分は二人のユニゾンで奏されます。すぐに、ニールスによってアドリブが展開されます。今回、久しぶりに聴きなおしてみて、ここに展開されているベースソロのアイディアが、エレキベースの天才と言われた「ジャコ・パストリアス」にどこか似ていると思いました。

この曲ではやっていませんが、「ヤードバード組曲」など他の収録曲ではニールスはハーモニクスを多用しています。エレキ・ベースのジャコの専売特許のように思われていた奏法が、ここではウッド・ベースによって披露されています。

二人が参考にしあっているという話は聞いたことがありませんし、ウッドベースとエレキベースの違いはありますが、二人の着想は非常に似ていると思えます。

ジャコより四歳上のニールスは早熟で60年代初頭から第一線で活躍していました。おそらくは、参考にしたとしたらジャコの方でしょう。

しかしながら、この1978年当時は、ジャコもソロアルバムや「ウェザー・リポート」での活躍により、世界中で有名になっていましたので、名人ニールスがアイディアのヒントをジャコから得ていたとしてもなんら不思議ではありません。名人、名人を知ると言ったところでしょうか。

演奏では、ジョーとニールスのソロが終わって、いよいよフォーバース(4小節のアドリブの掛け合い)が始まります。前半部分は良い勝負ですが、後半に行くにつれ、ニールスのアイディアがあふれだしてきます。

ギターの名人ジョー・パスが、本当に押されっぱなしに聴こえるのが、可笑しいところです。音楽の勝負に勝ち負けはありませんが、皆さんの耳にはどう聴こえるでしょうか?

このアルバムは、全編二人の真剣勝負と言った趣の曲が並んでいます。それぞれの曲で、どちらが優勢か? などと聴いていくのも楽しいものです。

次のページでは、有名スタンダードを辛口に演奏する、渋いデュオをご紹介します!

Amazon