300年以上に及ぶクラシックの歴史は、そのまま名曲の宝庫でもあります。ジャズの世界でも、クラシックの名曲を取り上げ、見事に名演奏になっているものも数多くあります。今回はその中から、ジャズっぽい雰囲気一杯の名演ベスト3をご紹介します。まずは、コチラ!

第1位スタンリー・タレンタイン  「On a Misty Night」より「ザ・ランプ・イズ・ロウ」 

undefined

 

 
この「ザ・ランプ・イズ・ロウ」は、「ボレロ」で有名なフランスの作曲家モーリス・ラヴェルの人気曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」より作られた曲です。

その幻想的で美しいテーマを持つラヴェル初期の名曲を、タレンタインはまるで、タレンタインのための曲かのようにブルージーにグルーヴします。
Amazon

スタンリー・タレンタインは、1934年生まれのテナーマンで、モダン・ジャズ期にドラマーのマックス・ローチのバンドで頭角を現しました。そして時代がフュージョンに変わった70年代に見事に転身。フュージョンサックス界でも第一人者になった実力者です。

フュージョンにベストマッチしたサックス奏者の共通の特徴として、ブルーノート・スケール(3度と5度と7度の音が♭する)の使い方がうまいということが挙げられます。まさにタレンタインはコード分析的なソロと、ブルーノートのさじ加減が絶妙。大衆的な人気者になりました。

その真骨頂ともいえる、コードに沿ったフレージングと、ここぞという場面で出すブルーノートスケールのタイミングのカッコよさ。さらには「ペッポ!」と聴こえる特徴的なハイFの音。

好き嫌いが分かれるプレイヤーですが、このブルージ―さが好きになったら、ハマってしまうミュージシャンです。

このタレンタイン最大の武器である、どんな曲でもブルージーにしてしまうという特徴は、クラシックを演奏するときでも同じです。この「ザ・ランプ・イズ・ロウ」は、まさにハマり曲。ジャズで演奏されたクラシック曲の中でも1,2を争うカッコよさです。

タレンタインは、この曲の他にも「ピーセズ・オブ・ドリームス」というアルバムでは、「ディープ・イン・ラブ」(ブラームスの交響曲3番)をやっています。クラシックの曲であってもタレンタイン風に料理できる自信が感じられます。そして、意外にクラシック好きなのかもしれません。

それでは、普通のジャズ曲においてのブルージーなベスト演奏はと言われると、CTIレーベルの特徴的なジャケットが印象的な「チェリー」。中でも1曲目の「スピードボール」ということになります。

undefined

 

 「チェリー」より「スピード・ボール」

ハード・バップを代表するトランペット奏者のリー・モーガンの作になるこの曲は、12小節のブルースに、16小節の第2テーマが付いた変則ブルース。アドリブ部分は、通常の12小節ブルース進行で取られています。
Amazon

天才リー・モーガンのテーマ曲のようなこの曲を、タレンタインは、いつも通りにタレンタイン色に仕上げています。快調なテーマからアドリブに入ってもますます絶好調。最後までスタンリー節に酔える、代表的名演と言えます。

ここでの相棒のミルト・ジャクソンもさすがの貫録。いつものように相当に粘っこいブルース・フレーズを弾いています。それでもヴィブラフォンの爽やかな音色が、演奏のべたつき感を抑え、格調高く聴こえるのに一役かっています。

次のページでは、腕自慢がみんな挑むショパンのあの曲の登場です!