私の行っている、超初心者の方にジャズ(JAZZ)の楽しさに触れて頂くJAZZ講座。この講座を受講いただく方の実に8割以上が女性の方です。

そんな中で多く声を頂くのが、「ジャズメンの名前や曲名を覚えられない」、「ジャズの話題で会話を始めても、話がまとまらない」といった悩みです。そこで今回は、ジャズ(JAZZ)会話をスマートに広げるための3つのコツをお伝えいたします。

1、名前は正確に覚えよう

「ほら、あれ素敵ですよね、ほらほらラッパのあの人がやってる、えーとなんとかっていうアルバム……」 パーティの席や友人との会話の中で、いざ最近聴いたJAZZについて話そうと思った時、一番多いパターンです。これでは、折角のジャズの会話もお洒落なものにはなりません。

ジャズの会話で一番大切なのが、ミュージシャンやアルバム、曲、楽器の名前を正確に覚えると言う事です。これをクリアしないと、話が出来ないばかりか、相手に背伸びしていると思われたままで終わってしまいます。逆に言えば、ここさえ押さえておけば、何とかなってしまうのも事実です。

でも、ジャズは元々はアメリカの音楽。横文字の名前を覚えるのは、大変と言えば大変です。しかも、100年以上の歴史がある音楽ですから、似ている名前の人も相当数いる事になります。

例えば、モダンジャズ期に西海岸で活躍したテナー奏者のジャック・モントローズ(Jack Montrose)とニューヨークなど東海岸で活躍したJRモンテローズ(J.R. Monterose)は違う人です。

スイング時代の大物ドラマー、ジョー・ジョーンズ(Joe Jones)とモダンジャズ期の大物ドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)も違う人。この場合は、名前が一緒なので、ご本人が間違えられると、わざわざ「フィリー」(フィラデルフィア出身だから)とニックネームをつけているほどです。

アルトサックスに至っては、フィル・ウッズ(Phil Woods)とクリス・ウッズ(Chris Woods)とソニー・クリス(Sonny Criss)も同じアルト奏者。ソニー・スティット(Sonny Stitt)、ジミー・ウッズ(Jimmy Woods)、クリス・ハンター(chris hunter)というアルトもいるから混同してしまいます。

そこで、まずはご自分のお気に入りのミュージシャンの名前を正確に覚える事から始めましょう。そして、もし同じ楽器で似ている名前の人がいたら、逆に良い機会ですので両方聴いてみましょう。

「フィル・ウッズとクリス・ウッズ、ソニー・クリスって何となく3人とも似てる」、そう感じたらしめたものです。良く聴くとそれぞれに音色が異なり、違いははっきりありますが、そこは3人ともにチャーリー・パーカー派でならしたアルトサックス奏者です。フレージングでは似ている所は多くあります。その事を会話で出せれば、一目おかれること請け合いです。

ソニー・クリス「サタデイ・モーニング」より「ティン・ティン・デオ」

サタデイ・モーニング

サタデイ・モーニング


ラテンの妖しい雰囲気のテーマの段階から、ソニーの熱は伝わってきます。アドリブに入ると、アルトに乗り移ったかのようなその熱情が一気に放出されます。目まぐるしく音階が上降下降を繰り返し、聴く者に興奮を与えます。いつもの性急なソニーのフレージングが、見事にハマった演奏と言えます。

続くピアノのバリー・ハリスによる渋いソロによって、一旦クールダウンしますが、またソニーによる熱いテーマで締めくくられます。燃えるように激しいラテンナンバーなのにどこか物悲しい、カーニバルの後のような印象の演奏です。

このCDは他にも、1曲目の弾き語りの名手マット・デニスの名曲「エンジェル・アイズ」やひっそりとした風情が物悲しい終曲「アンティル・ザ・リアル・シング・カムズ・アロング」など聴きどころが多くあります。ソニー・クリスの代表作と言えるものです。

しかし、その割には、あまり市場には見かけない盤です。「ザナドゥ」(XANADU)というレーベルの権利問題が関係していると思われますが、このあたりのウンチクも話題に出せれば、ジャズ通に見られるポイントになりますね。

次のページでは、ジャズで意外に大事な「数字」についてです!

Amazon