あなたにとって最も楽しい時間……は何ですか? 仕事をされている時間、趣味に興じている時間、ご家族との団らんの時間etc.……。

それぞれに楽しい時間はあるでしょうが、おそらくはその中でも最高だと思われる一つに、恋人やパートナーとの二人の時間が上げられるのではないでしょうか。

今回はそんなお熱いお二人の時間をさらにハッピーにさせてくれるジャズ・JAZZをご紹介いたします。

あなたに、最初にお勧めするのはこの一枚です!


ワインライト

ワインライト

有名サックス奏者グローバー・ワシントン・ジュニアのCD「ワインライト」

<「ワインライト」より オススメベスト2選>

「ワインライト」

1曲目「ワインライト」はジャケットの白ワインのような、澄んだ爽やかさが信条です。グローバー・ワシントン・ジュニアのアルトサックスが軽やかに、テーマを奏でます。口当たりが良くて飲みやすいのに、それでいてボディはしっかりして軽すぎない。彼のサックスは、まさに極上の白ワインの様です。

「ジャスト・ア・トゥー・オブ・アス」

5曲目大ヒットした「ジャスト・ア・トゥー・オブ・アス」を聴いてみましょう。この曲は、1981年の全米ポップスチャートで2位を取り、グラミー賞も受賞したほどのヒット曲。あなたも、もしかしたら一度は聞いた事があるかもしれません。

おだやかな波を思わせる心地よいリズムに乗り、ボーカルのビル・ウィザースによる二人の愛の歌が歌われます。その後のスティールパン(ドラム缶よりつくられた楽器、音階がある)という珍しい楽器によるソロは、南の島のようなリゾート感を演出します。続くグローバー・ワシントン・ジュニアによるウオームなテナーサックスソロが始まる頃には、まぶしい日差しの下、パラソルでくつろぐ二人のようなゴージャスな気分になる事請け合いです。

グローバー・ワシントン・ジュニアは、ジャズから派生したジャンルの「フュージョン」における代表的なサックス奏者です。フュージョンとは、1970年代後半から始まった音楽ジャンルで、それまでのモダンジャズとの大きな違いは一言で言うとリズムの違いにあります。ジャズはそれ以前にも、ラテンやカリプソなど様々な違うリズムの音楽との交流がありましたが、基本のリズム(ビート)は4ビートでした。それが、8ビートのロックと融合した「ジャズロック」を経て、リズムが16ビートの「フュージョン」というジャンルが新たに作られました。ここにきて、従来のジャズとは全く違うイメージの音楽となったと言えます。

そのフュージョンにおいて、いち早く名乗りを上げたサックス奏者がグローバー・ワシントン・ジュニアです。ソプラノ・アルト・テナー・バリトンと4種類の高音から低音までのサックスをそれぞれ個性豊かな音でスムースに鳴らす彼は、まさにフュージョンサックスの立役者と言えます。

特にこのCDは、数多い彼のアルバムの中でも最もヒットしたもの。お二人の時間を演出する極上のBGMとしてもピッタリのおススメの1枚です。

二枚目に聴いてほしいCDとそのストーリーについては、次のページで紹介します。

Amazon