古き良き時代!ジャズテナーサックスの黎明、スウィング・ジャズのイノベーター!

ジャズテナーサックスの父 コールマン・ホーキンス

ジャズテナーサックスの歴史はこの人から始まりました。ジャズテナーサックスの父「コールマン・ホーキンス」。テナーサックスをフルボリュームで鳴らし切る豪快さと、複雑なコードチェンジに巧みに対応する繊細なメロディ。決定的名演がコチラ!

出典: Amazon.co.jp: ボディ・アンド・ソウル (1933-1949): 音楽

コールマン・ホーキンスの名演で知られる「ボディ・アンド・ソウル」の美人ヴォーカルによる演奏はコチラ!

コールマン・ホーキンスと言えば、なんといってもスタンダード・ソングの「ボディ・アンド・ソウル」の名演で知られています。その名曲「ボディ・アンド・ソウル」をなんとウッドベースを弾きながらスペイン語で歌った美人ヴォーカルはコチラ!

出典: 華やかでアクティブ! お勧め女性ジャズプレイヤー [ジャズ] All About

ジャズテナーサックスの大統領 レスター・ヤング

コールマン・ホーキンスに対抗してライヴァルのレスター・ヤングはプレズ(大統領)と呼ばれました。風のような優しい音色で、メロディアスに流れる彼の演奏は、次世代のサックスプレイヤーに大きな影響を与えました。絶頂期の代表的名演はコチラ!

出典: Amazon.co.jp: レスター・ヤング・メモリアル・アルバム: 音楽

レスター・ヤングにプレズ(大統領)というニックネームを付けた美人シンガーはコチラ!

レスター・ヤングに、プレズ(大統領)とつけたのは、レスターと恋の噂もあった美人シンガーです。そもそもはレスターが彼女の優雅さをたたえて名前から「レディ・デイ」とニックネームをつけたことへの返礼でした。その美人シンガーの名唱はコチラ!

出典: 4/4 女性ジャズヴォーカル年代順おススメ7選 [ジャズ] All About

これぞジャズの醍醐味!モダン・ジャズ・テナーサックスの先駆者たち!

白人テナーサックスの第一人者 スタン・ゲッツ

スタン・ゲッツは15歳でプロ入りした早熟の天才プレイヤー。彼の最初のアイドルはレスター・ヤングでした。ジャズ界での成功のみならず、ボサノヴァとジャズを融合させ、ポップス界でも大成功を収めました。誰もが知っている最大のヒット作はコチラ!

出典: Amazon.co.jp: ゲッツ/ジルベルト: 音楽

死の4か月前、スタン・ゲッツの白鳥の歌(最後の録音)はコチラ!

ヒットメーカーでもあり、偉大なジャズテナーサックスだったスタン・ゲッツは、ガンに侵されながらも最後まで、演奏を続けました。その彼が1991年6月に亡くなる4か月前の白鳥の歌(最後の録音)がコチラ!

出典: 3/4 女性ジャズヴォーカル年代順おススメ7選 [ジャズ] All About

モダンジャズテナーサックス史上最高のインプロバイザー(アドリブ奏者) ソニー・ロリンズ

ソニー・ロリンズは、コールマン・ホーキンスのたくましい音色、レスター・ヤングの流麗さ、そしてチャーリー・パーカー(アルトサックス)のフレイジングを併せ持つモダンジャズテナーサックス界の巨人です。モダンジャズ最高の1枚と言われる名演はコチラ!

出典: Amazon.co.jp: サキソフォン・コロッサス: 音楽

ソニー・ロリンズと五分に渡り合ったもう一人のソニーはコチラ!

モダンジャズテナーサックス界のエース、ソニー・ロリンズとがっぷり四つに組み、5分に渡り合った先輩テナーサックス奏者がいます。モダンジャズを作った一人、トランペットのディジー・ガレスピーの音頭の元、3つどもえの熱演はコチラ!

出典: 3/3 サクラの季節にピッタリのジャズ5選 [ジャズ] All About

偉大なるイノベーター、ジャズの求道者 ジョン・コルトレーン

コールマン・ホーキンスの示唆したコードに対するアプローチを究極まで突き詰めた求道者。コード進行を極限まで細分化し、音のじゅうたんを敷き詰めるかのような奏法は「シーツ・オブ・サウンズ」と呼ばれました。共演者さえついていけない超難曲はコチラ!

出典: Amazon.co.jp: Giant Steps: 音楽

激しいだけの男じゃない!バラードも絶品なジョン・コルトレーンはコチラ!

晩年はフリージャズを先導し、激烈な音世界に突入するジョン・コルトレーン。その過激なイメージばかりが先行していますが、実は極上なバラードをまるでシンガーのようにサックスで歌うことができました。激しい男が見せた優しさあふれる演奏はコチラ!

出典: 2/3 これからジャズ(JAZZ)を聴いてみたい人へ ベスト3 [ジャズ] All About

時代はフュージョンへ!ジャズも多彩な音楽へと進化し続ける!

フュージョンサックス界のヒーロー グローヴァー・ワシントン・ジュニア

「ジャスト・ア・トゥー・オブ・アス」の大ヒットを放った、フュージョンサックス界のヒーロー、グローヴァー・ワシントン・ジュニア。テナーサックスは勿論、アルトやソプラノサックスもそれぞれに個性的。スムースジャズの先駆者となった彼の最大のヒット!

出典: Amazon.co.jp: ワインライト: 音楽

グローヴァー・ワシントン・ジュニアに代表される恋に効くジャズはコチラ!

現在にまでつながるスムース・ジャズの先駆者としてのグローヴァー・ワシントン・ジュニアの登場により、激しい音楽だったジャズが一遍にソフトな恋愛向けの音楽になりました。ムーディーなお二人向けのジャズのまとめはコチラ!

出典: 恋に効くジャズ~恋愛シーン別おすすめの曲~|All About(オールアバウト)

ジョン・コルトレーンの正統な継承者 現代のテナータイタン マイケル・ブレッカー

マイケル・ブレッカーは、ジョン・コルトレーンの正統な継承者です。コルトレーン後のテナーサックスの可能性をさらに飛躍させた無類のテクニック。その彼が、同じ方向性をもった仲間と組んだグループ「ステップス」の今や伝説となった日本ライブがコチラ!

出典: Amazon.co.jp: Smokin' in the Pit: Mike Mainieri: デジタルミュージック

こわもてマイケル・ブレッカーが、美人シンガーのバックで燃えた演奏がコチラ!

ジャズで大成功したマイケル・ブレッカーは、実はそれ以前は第一級のスタジオミュージシャンでもありました。フリージャズからポップスまで、あらゆる音楽に対応するフレキシビリティ。その彼が、美人シンガーのバックで燃えた演奏がコチラ!

出典: 恋愛シーンのジャズ、別れの曲……ベスト3 [ジャズ] All About