テナーサックスの巨匠の一人、スタン・ゲッツは「ジャズと言うのは、結局はナイトミュージックなのさ」と言ったとされます。ジャズは、言ってみれば大人の嗜み。そして、夜と大人とくれば、やはり次はお酒ですね。ジャズには、お酒にまつわるエピソードが夜空に輝く星の数ほどあります。たまにはお好きなお酒を片手に、好きなジャズをゆっくり聞きながら、夜を楽しむのも素敵ですね。

ポール・デスモンドの「ピュア・デスモンド」より「ジャスト・スクイーズ・ミー」

Pure Desmond

Pure Desmond

 
この曲は、ハーレムのスウィング王「デューク・エリントン」が自分の楽団のために作った曲ですが、モダンに入ってからもしばしば取り上げられ、マイルス・デイヴィスの名演などもあります。

ここでは、そのジャズスタンダードのこの曲が、まるでアルト奏者ポール・デスモンドのために書かれた曲かの様に聴こえるハマった演奏を繰り広げています。

この曲でのポールのアルトは、とにかくクール&プリティ。キリッと冷え、ステアされた「ドライマティーニのようなサウンド」と形容されたポールの面目躍如といったところです。

それにしても、ジャズのサックスほど、演奏者によって音色の印象がまったく違う楽器もありません。ポール・デスモンドとチャーリー・パーカーデヴィッド・サンボーンでは、同じ楽器とは思えないほど違う音色で驚かされます。

ここで、そのサックスの音がどのように作られるかをお教えいたしますね。サックスは、金属の固まりの様ですが、分類は木管楽器です。その特徴のある人間の声に一番近いと言われる音が作られる要素の中で、一番比重が大きいのが、マウスピースと呼ばれる先端の息を吹き込む部分です。

マウスピースは、サックスに装着させて使用し、キャップの部分は別として、マウスピース本体、リード(葦で出来た振動させる部分)、リガチャー(マウスピース本体とリードを固定させる金属部分)の3つに分かれます。

そのマウスピース本体にリガチャーによって固定したリードに、息を吹き込む事で、空気が振動する音になってサックス本体を通り、いわゆるサックスの音色になります。音の要素に大きく影響するのは、マウスピース本体とリード、厳密にいえば本体とリードの間の開きと、リードの硬さによります。

特に、リードの硬さは、音色に直結します。一般的には、薄くて柔らかいリードの方が、よく鳴り、太いファットな音になり、厚くて硬いリードの方が、小さめのクリアでクールな音色になります。

このポール・デスモンドの特徴のある音は、硬いリードによって得られます。硬いリードを振動させるために沢山の息を吹きこむことによって、硬質でクリアな音色になるのです。

簡単に吹いているのではなく、むしろ懸命に音を作った結果が、このピュアなサウンドを生んでいる事を知れば、ショートグラスの強めのカクテル「ドライマティーニ」のようだと称された意味も理解できる気がしますね。

Amazon


チャーリー・パーカー「スウェディッシュ・シュナップス」より「スウェディッシュ・シュナップス」


スウェディッシュ・シュナップス+4

スウェディッシュ・シュナップス+4

チャーリー・パーカーの絶頂期を録音した事でも有名な「ダイアルレコード」の創設者、ロス・ラッセルには労作、チャーリー・パーカーの伝記「バード・リヴス」があります。

そこには、胃潰瘍で入院したバード(チャーリー・パーカーの愛称)が、病院を抜け出し、寝巻のまま、彼の名を冠したライブハウス「バードランド」で、ついさっき発明したスコッチウイスキーのミルク割りをガツガツ飲んでいた、という話があります。

身体を壊して入院していたのにもかかわらず、バードのエピソードとしては、さもありなんと言ったものです。

バードと言う人は、関わった人にとってみれば、とにかく色々問題が多い人の様でしたが、とても人間臭く、言ってみれば大きな子供のような印象です。もちろん、お酒も大好き。スウェーデンに楽旅の際は、題名の「スウェディッシュ・シュナップス」という蒸留酒をがぶ飲みしたと言う事です。

ノルウェーの地元料理、ニシンのクリーム煮にピッタリのシュナップスは、アクアヴィットとも言い、アルコール度が高く、ボトルを凍らせておいても中身はドロリとしたホワイトスピリッツです。その刺激的な美味しさにハマッたバードが自分の曲名に用いないわけがありません。

この他にもバードの曲には、人や物の名前のついた題名が少なくありません。よほどヨーロッパ楽旅が嬉しかったのか、このCDと同じ頃の録音で「ビザ」や「パスポート」という題名の曲があります。その他にも「ムース・ザ・ムーチェ」(ムースと言う名の麻薬の売人)、「チチ」(知りあいのガールフレンド)、「バルバドス」(地名)など沢山あります。

そして晩年の代表作と言われる「ナウズ・ザ・タイム」では、「レアード・ベアード」(息子のベアード)、「キム」(義理の娘のキム)など、自分の子供の名前を曲名にしました。

麻薬と大量のお酒を常用し、人によって良くも悪くも自分の態度を変えていたと言われるバードですが、子供には愛情たっぷりだったというのは、素敵なエピソードの一つですね。

次のページで紹介するのは、メキシコの代表的なお酒、「テキーラ」にまつわるジャズです。

Amazon