ジャズ・ピアノ初期における最大の巨人!あらゆるジャズ・ピアニストの手本

クラシック界の巨匠ウラディミール・ホロヴィッツも脱帽 アート・テイタム

アート・テイタムはスイング期におけるジャズ最大のピアニスト。視覚障害がありながら、その無類のテクニックはジャズ界はもちろん、クラシック界の巨匠ウラディミール・ホロヴィッツをして夢中にさせました。そのアートのまさしくアート(芸術)な作品がコチラ!

出典: Amazon.co.jp: Piano Grand Master: 音楽

孤高の巨匠アート・テイタムと最も相性が良い共演者とは?

アート・テイタムは、その無類のテクニックと歌心ゆえにピアニストはもちろん、あらゆるジャズメンから畏怖されていました。そのために一番アートの特色が出せるのはソロピアノによるものでしたが、例外と言ってよい相性の良いある楽器の共演者とは?

出典: 恋愛シーンにピッタリのジャズ教えます、ベスト7選 [ジャズ] All About

モダン・ジャズピアノのカリスマたち 今日に至るまで光り輝く個性の饗宴!

追随を許さないワン・アンド・オンリーなスタイル セロニアス・モンク

「バップの高僧」と呼ばれたセロニアス・モンクは、そのワン・アンド・オンリーで特異なスタイルにより、影響力の大きさに反比例するかのようにフォロアーの存在を許しません。そのセロニアスの特徴を最大限に捉えた初期のトリオによる録音がコチラ!

出典: Amazon.co.jp: セロニアス・モンク・トリオ+2: 音楽

あらゆるジャズメンに取り上げられるセロニアス最大のヒット曲とは?

そのスタイルは誰もがまねをできないものですが、セロニアスの書いた曲は、多くがあらゆるミュージシャンに取り上げられるポピュラーなスタンダードになっています。その中でも、一番人気のある曲がコチラ!

出典: ジャズの名曲ってなに?ジャズメンオリジナル決定盤! [ジャズ] All About

モダンジャズピアノの開祖 ピアノトリオスタイルを築いたバド・パウエル

バド・パウエルはモダン初期にあって、今日に至るまでのピアノトリオのスタイルを築いた巨人です。その右手から繰り出される驚異のスピードのメロディラインはモダンジャズを目指すあらゆるピアニストに影響を与えました。その究極の至芸がコチラ!

出典: Amazon.co.jp: バド・パウエルの芸術: 音楽

バド・パウエル絶頂期に録音されたバップの聖典とも言われる演奏とは?

モダンジャズの始まりのスタイル「ビ・バップ」。バド・パウエルは、ビ・バップにおける最強のピアニストと言えます。その絶頂期のバドに、一歩も引かずに渡り合った強者サックス奏者との歴史的名演はコチラ!

出典: 3/3 晩秋の読書とジャズ(JAZZ) [ジャズ] All About

ジャズピアノの抒情詩人!現代に至るまでの絶大な影響力 ビル・エヴァンス

バド・パウエルによるピアノトリオスタイルをさらに発展させたインタープレイによるスタイル。ベーシストのスコット・ラファロという唯一無二の協力者を得て、具現化された洗練されたセンスと崇高な音楽性。抒情詩人たるビルの面目躍如的歴史的名盤はコチラ!

出典: Amazon.co.jp: ワルツ・フォー・デビイ+4: 音楽

代表作「ワルツ・フォー・デビー」のヴォーカルバージョンによる名唱とは?

「ワルツ・フォー・デビー」には、ヴォーカルバージョンがあります。歌っているのは美人ヴォーカリスト、モニカ・ゼタールンド。モニカはこの名曲を母国語で歌い成功しています。では、モニカはどこの国の美人ヴォーカルなのでしょう?答えはコチラ!

出典: 一年の初めに聴きたいジャズワルツベスト3 [ジャズ] All About

革新か進化か?フリースタイルを経て現代に至るジャズピアノのリーダーたち

賛否両論!フリージャズのピアノスタイルを築いた闘士 セシル・テイラー

セシル・テイラーのスタイルには、同業者のピアニストの間でも賛否両論があります。それは、フリー・ジャズには必ずついて回る評判ではありますが、セシルの場合はピアニストとしてのテクニックがあるがゆえに、余計に多いようです。是か非か判断はコチラ!

出典: Amazon.co.jp: Unit Structures: 音楽

1973年に来日したセシル・テイラー渾身の日本での演奏とは?

セシル・テイラーは1973年に来日しています。その際に録音されたソロアルバムは、現在廃盤となっており、高値で入手が困難となっています。不遇なセシルが語った自身のスタイルの元になった、影響された二人のジャズピアニストとは誰か?答えはコチラ!

出典: 5月病を吹っ飛ばせ!大音量のジャズ [ジャズ] All About

フリー、ヒッピー、ロック 音楽ジャンルを超えた天才 キース・ジャレット

キース・ジャレットは、ジャズ界にあって、初めて音楽ジャンルを超えた世代の代表的ピアニストです。キースの音楽は、フリー・ジャズ、ヒッピー、ロックの影響が、根本にあるジャズと融合し、無理のない自然な形で、しかも最良の形で表れました。それがコチラ!

出典: Amazon.co.jp: ザ・ケルン・コンサート: 音楽

キースが駆け出しの頃、最も影響されたフリー系ピアニストとは?

キース・ジャレットは、自身のバンドでもしばしばフリー・ジャズ系のスタイルを演奏していますが、その元となった影響を受けたジャズピアニストは誰か?キースがインタビューで無人島に持っていくレコードの中で、4枚中2枚まで挙げたそのピアニストとは?

出典: JAZZ NETMAGAZINE | ジャズネットマガジン

ジャズから踊らせる音楽まで あらゆるニーズに対応 ハービー・ハンコック

現代の音楽シーンで要求されるのがフレキシブルさ。実力もセンスも兼ね備えた者だけが対応できる世界において、最も成功している一人がハービー・ハンコックであることは間違いありません。発表当時、日本のディスコでも大勢を踊らせ熱狂させたのがコチラ!

出典: Amazon.co.jp: フューチャー・ショック: 音楽

ハービーの奇跡、伴奏はリズムボックスだけによる名演とは?

ハービー・ハンコックは、あらゆるシーンで求められる超売れっ子です。スケジュールは分刻みで動く中、たとえ劣悪な条件下でも最高の演奏が求められます。なんと、伴奏が一切なく、リズムボックスが刻むリズムだけで、録音したという究極の名演がコチラ!

出典: 恋愛シーンのジャズ、さらにセクシーな曲……ベスト3 [ジャズ] All About