若い時分に、ジャズ喫茶を経営していたという変わった経歴を持つ、日本を代表する小説家「村上春樹」。その代表作「ノルウェーの森」は、ジャズフリークの作者らしく、何気ないシーンにジャズが登場することでも有名です。

毎日の生活の中で揺れ動く主人公の心象。ジャズの持つどこかインテリな部分。その二つがアクセントとなって、若い主人公の移ろいやすいセンシティブな感性を上手に表現しています。

このようにジャズをエッセンス、もしくはスパイスとして使用している小説は意外と多く、ジャズの記述が出るたびにジャズフリークは興味をそそられます。今回はジャズそのものが主役となった、もしくは重要なファクターとなった傑作小説と、そこに出てくるジャズをご紹介します。

ジャズ批評家「ナット・ヘントフ」の青少年図書フェスティバル賞受賞小説「ジャズ・カントリー」

ジャズ・カントリー

ジャズ・カントリー

 
この小説は、高名なジャズ評論家の「ナット・ヘントフ」が、自分にフィクションが書けるのか? という知的好奇心から、何の計画もなく書き始めたと言う作品です。

内容は、高校生の「ぼく」が、大好きなトランペットとジャズと、彼が白人であるという事。そしてそれがゆえの将来の希望。それらが一緒くたに絡まって大いに考え大いに悩み、現実に向き合っていくという青春小説となっています。

青少年図書フェスティバル賞という賞を受賞したこの本は、誰もが読みやすい本になっています。しかも小説が書ける事で自分を驚かす事が出来ると書き始めたにしては、そこはさすがにジャズ評論家ナット・ヘントフ、思いの外と言ったら失礼ですが、ジャズの世界に深く入り込んだ内容の好著になっています。

知っているようで知らないジャズの、そしてアメリカの抱える問題を、さらりと高校生の視点から描いて見せています。その上ジャズメンの抱える根源的な複雑さも表現し、なおかつ読後感のスッキリとしたジャズ入門書にもなっています。

この中で、主人公の「ぼく」とは対照的な同世代の黒人のトランペッター、ダニーの存在が、次にご紹介するサックス奏者「オリバー・ネルソン」と、同じくサックスの「エリック・ドルフィー」との関係を連想させます。

Amazon

オリバー・ネルソン、エリック・ドルフィー「ストレイト・アヘッド」より「シックス・アンド・フォー」


Straight Ahead

Straight Ahead

どちらかと言えばオーソドックスな「オリバー・ネルソン」のアルトに対して、「エリック・ドルフィー」は、同じアルトとは思えないほどアブストラクトで先鋭的。二人の個性が、静と動、コンサバと前衛、はては優等生と不良のように感じさせる好対照で刺激的な演奏です。

わけ知り顔の大人たちを思わせるリズム隊に囲まれた二人の少年が、一所懸命にあがきながらも、自身のアイデンティティを見出そうと苦闘する様を連想させます。誰にでも一度は訪れる若き日の、青春の猛りや悩みや不安。それらすべてを表現したかのような、どこか甘酸っぱさを感じさせる演奏です。

次のページでは、有名なビートニクを代表する作家の作品をご紹介します!

Amazon