飛行機内での飲食、意識していますか?

機内を快適に過ごすための飲食のポイント

機内を快適に過ごすための飲食のポイント

「旅行は好きだけど、機内ではどうも疲れてしまう」という声をよく耳にします。確かに機内は気圧が低く、極度に乾燥していて、さらに狭い座席で長時間過ごさなければならないという特殊な環境。身体が疲れるのも無理ありません。しかしそれは何の対策を施さなかった場合。機内での過ごし方のちょっとしたコツをつかむだけで、身体も疲れにくく機内がグンと快適になります。

乾燥対策や睡眠対策などを意識している方は多いかもしれませんが、機内での飲食を意識している方は少ないように見受けられます。特殊な環境の機内で通常と同じように食べたり飲んだりしていては身体にとっては大きな負担になってしまいます。ここではCA直伝の機内で疲れず快適に過ごすための「食べ方、飲み方のコツ」を伝授いたします。

 


機内で出される水だけでは、足りない!

image

機内ではいつも以上に水分補給が必要

まず機内での飲食を語るうえで最も大切な「水分補給」についてお話します。一般的に私たちが一日に必要な水分量は2~3リットル、そのうち飲料水から取るのは1~1.5リットルと言われています。

しかしこれは地上で普通に生活している場合のこと。機内は湿度20%以下、長距離路線などになると10%以下という極度の乾燥状態になります。そんな環境で息をするたびどんどん水分が奪われていくため、通常と同じ量飲んでいたのではとても足りません。

ではいったいどのくらい水分を摂取すればよいのでしょうか?なんと10時間程度の長距離フライトでは、最低およそ2リットルは必要と言われています。しかもこの場合の水分とは純粋なお水のこと。アルコールやコーヒー、紅茶などカフェインの含まれるものは体内の水分を排出し、逆に水分を奪ってしまうのでこの中に含めません。

しかし実際機内で出されるのは長距離フライトであっても500mlのペットボトル1本程度。残り1.5L分は自主的に摂取しなければなりません。機内のコップ1杯150mlとして10杯は飲まなければならない計算になります。そんなに何度も頼むのも大変ですし、機内には必ず自分でペットボトルのお水を持ち込むことをおすすめします。(国際線の場合は手荷物検査を通過してから購入してくださいね!)

 

続いて、「飛行機内での効率的な水の飲み方のポイントと、飲酒」についてお伝えします。