もしかしてセックスレス?

もしかしてセックスレス?

もしかしてあなたもセックスレス?

付き合い始めた頃は、あんなにラブラブだったはずなのに、時間が経つにつれて、徐々にセックスの回数が減っていき、気がついたらセックスレスになっている……なんていう悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

日本性学会によると、「病気などの特別な事情が無いのに1か月以上性交渉が無い状態」をセックスレスと定義していますが、「二人のうちどちらか一方がセックスを望んでいるのに、長期間それができていない状態」を、多くはセックスレスと言うようです。

「もしかしてセックスレスかも?」と悩むあなたに、タイプ別セックスレス解消法を紹介します。


【セックスレスタイプ1】なんとなくマンネリ?

セックスレスで一番多いのは、このパターンなのではないでしょうか。お互いの都合をつけて、デートの曜日を決めて、いつもの流れでいつものセックス。初めのうちは会えるだけで楽しかったのに、1年、2年と経つうちに、気持ちは踊らなくなります。

だんだんとマンネリ化していくうちに、「今日はもうしなくてもいいよね?」という空気にいつの間にかなってしまい、そのままセックスレスに陥る、というのが、このタイプのパターンです。

人間は、同じことの繰り返しが続くと、脳への刺激がどんどん乏しくなり、神経活動が不活性化します。単調作業を繰り返していたら、眠くなったり、頭がボーっとしてくるのと同じ。恋愛もセックスも、同じことをただ繰り返していては、飽きてくるのは当たり前の事なのです。

マンネリ化が原因のセックスレス解消法は簡単です。潔く、いつものパターンをガラっと崩してみてはいかがでしょうか?思い切って休暇を取って旅行に行ったり、いつもとは違う場所でセックスしてみるのもいいかもしれません。仕事の都合でなかなか難しい場合は、たとえば、ラブコスメを取り入れてみたり、いつもとは違う下着を身につけたり、ソフトなSMプレイに挑戦してみたりと……、いつもならしないようなことにあえて挑戦してみるのもオススメです。

マンネリ化セックスの原因は、言うならば、「脳が眠くなってしまっている」状態。刺激を与えて脳を起こして活性化してあげましょう。

よく、「3年目の浮気」と言いますが、ちょうどマンネリ化してきたころに、「新鮮な」異性と出会って、いけないと思いつつも、いつもの恋愛やセックスにはない刺激を受けて浮気してしまう、というのもこのパターンです。
マンネリ化防止のために、いつもと違うことをしてみるのは、パートナーの浮気防止にも有効かもしれませんね。

次は「多忙な現代人が陥りがちなタイプのセックスレス」についてです。