筒切りで時短。さんまの竜田揚げ

所要時間:20分

カテゴリー:お弁当のおかず竜田揚げ

 

今が旬のさんまをカラッと竜田揚げで

さんまを買うと、つい毎度塩焼にしてしまうという人もいるかもしれません。定番の塩焼はもちろん美味しいですが、たまには揚げ物にしてみてはいかがでしょう。

ただ、揚げるとなると、魚の下ごしらえが必要。小さく骨も身も柔らかいさんまといえど、3枚におろすとなると面倒です。そこで短時間で仕上げるために、内臓だけ取り除いて筒切りで。あとは下味をつけて、揚げるだけなので、時間も手間も最低限です。今が旬のさんまでぜひお試しください。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『秋刀魚の竜田揚げ定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

さんまの竜田揚げの材料(2人分

秋刀魚の竜田揚げの材料
さんま 2尾
醤油 大さじ1
大さじ1
生姜 (汁)小さじ1
片栗粉 適量
大根おろし 適宜
かいわれ大根 適宜
(揚げ油)適量

さんまの竜田揚げの作り方・手順

さんまの竜田揚げの作り方

1:さんまを筒切りにする

さんまを筒切りにする
さんまの頭と内臓を取り除き、よく洗います。水気を拭き取り、4等分に切ります。
さんまの頭を左に置き、背側から内臓を傷つけないように中骨まで包丁を入れます。頭をひねってから、ゆっくりと引くと、頭とともに内臓も一緒に取り除けます。

2:さんまに下味を漬ける

さんまに下味を漬ける
醤油、酒、しょうがのしぼり汁を合せて、さんまを漬けこみます。10分以上置きます。
この状態で1日程度なら冷蔵庫で保存可能です。

3:さんまを揚げる

さんまを揚げる
油を170度に熱します。さんまの水気をキッチンペーパーなどでよく拭き取ってから、片栗粉をまぶし、揚げます。3~4分でカラッと揚がるので、油をよく切ってから器に盛りつけ、大根おろしとかいわれ大根を添えて、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

上記の手順で秋刀魚の内臓が取りきれなかったときは、水で洗い流しましょう。そのあとは、しっかりと水気を拭き取ってから、下味をつけてください。水気をしっかり拭うことで、魚特有の生臭さを減らします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。