ピリッと爽やか。カブと生ハムの柚子胡椒マリネ

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずマリネ

 

柚子胡椒の香りとピリ辛さを効かせた大人マリネ

冬野菜・カブと生ハムを使い、柚子の香りとピリ辛さがたまらない柚子胡椒を効かせたマリネにします。さっぱりとしたカブに生ハムの塩気がアクセントになっています。

カブは葉の部分に栄養がたっぷり。色も美しく、捨ててしまうのはもったいないので、一緒に漬けこんでしまいましょう。冷蔵庫で2~3日作り置きできるので、忙しいときには早めに作っておき、さっと出せる一品にすると◎。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『鱈のピカタ定食の献立と段取り(朝10分+夕20分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

カブと生ハムの柚子胡椒マリネの材料(2人分

カブと生ハムの柚子胡椒マリネの材料
かぶ (実の部分)2個
かぶの葉 3~4本
生ハム 2枚
小さじ1/2
マリネ液の材料
大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
柚子胡椒 小さじ1/2
ブラックペッパー 少々

カブと生ハムの柚子胡椒マリネの作り方・手順

カブと生ハムの柚子胡椒マリネ

1:カブを塩もみする

カブを塩もみする
カブは皮つきのまま薄切りにし、カブの葉は5mm程度の長さに刻みます。カブとカブの葉をボウルに入れ、塩を加え、軽くもみ、5分ほど置きます。生ハムは食べやすい大きさにします。

2:マリネ液を作り、和える

マリネ液を作り、和える
カブとカブの葉の水気をよく絞ります。マリネ液の材料をすべて合わせて、カブと混ぜ合わせたら、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

カブを塩もみしたあとの水気はしっかりと絞ってください。水分が抜けたところに、マリネ液が入り、味がしっかりとつきます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。