圧力鍋のほったらかし調理、超シンプルな煮豚

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず煮豚

 

圧力鍋で一気に茹でる時短&簡単&ほったらかし調理

材料も作り方も超シンプルなゆで豚を紹介します。材料を全部入れて、圧力鍋で加圧し、あとはほったらかしでOK。作り置きや冷凍保存も可能。忙しいときにおすすめの一品です。つけだれもシンプルに辛子醤油をご紹介していますが、こちらはお好みで、ポン酢やごまだれ、マヨネーズなどもおすすめです。

残った茹で汁は豚肉の旨みがたっぷり出ているので、スープとして食べ切りましょう。作り方は『ゆで豚の茹で汁で。もやしとわかめのスープ』で紹介しています。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『超シンプルゆで豚定食(朝30分+夕10分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

超シンプルゆで豚の材料(2人分

超シンプルゆで豚定食の材料
豚ロース肉 (塊)250g
ネギの青い部分 1本
生姜 1片
800ml
100ml
つけだれの材料
醤油 適宜
からし 適宜
お使いの圧力鍋によって、水分の最大量・最低量は違います。豚肉がひたひたになるように水の量を調整してください。説明書等をよく読み、危険のない分量でお使いください。

超シンプルゆで豚の作り方・手順

超シンプルゆで豚の作り方

1:圧力鍋で茹でる

圧力鍋で茹でる
圧力鍋にすべての材料を入れて、火にかけます。沸騰したら15分加圧し、火を止め、ピンが自然に降りるまで蒸らしたあと、そのまま冷まします。

粗熱がとれたら、豚肉を取りだし、豚肉とスープを別にして、冷蔵庫で冷やします。
残ったスープは『ゆで豚の茹で汁で。もやしとわかめのスープ』で使いますので、捨てずにとっておきましょう。

2:盛りつける

盛りつける
豚肉は薄切りにし、かいわれ大根(分量外)とともに盛り付けます。辛子醤油でいただきます。

ガイドのワンポイントアドバイス

スープを冷やすと、表面に脂(ラード)が浮いてくることがあります。温めると溶けてしまうので、スープとして一緒に食べてしまってもいいですが、別に取っておくとラードとして使えます。炒め物や炒飯などに使うと、コクのある味を楽しめます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。