朝のうちの下ごしらえで、夕方は並べるだけの楽ちん献立

超シンプルゆで豚定食

朝10分の下ごしらえで夕方ラクラクの一汁三菜

忙しいときは、献立を考えるのも、家に帰ってから準備をするのも大変です。そこで今回は、元気な朝のうちに下ごしらえを済ませて、帰ったら並べるだけで済む一汁三菜の献立をご紹介します。

タイトルには朝30分となっていますが、これは圧力鍋の加圧と蒸らし時間を加えたもので、実際の作業はなんと10分程度。メインと副菜二品、スープの下ごしらえまで終えられます。ここまで済んでいれば、仕事しながら「夕ご飯どうしよう…」なんて気にする心配はありませんよ。

■レシピはこちら!
超シンプルゆで豚
ツナとひじきのマヨポンサラダ
青梗菜のごまびたし
もやしとわかめのスープ

超シンプルゆで豚定食の段取り

超シンプルゆで豚定食の段取り

超シンプルゆで豚定食の段取り


朝30分+夕10分でできる一汁三菜の段取りです。

朝のうちに圧力鍋で「超シンプルゆで豚」を作ります。材料も手順も超シンプル。加圧と蒸らしで30分程度かかりますが、作業は5分以内。ゆで豚の茹で汁も捨てることなくスープにします。

「ツナとひじきのマヨポンサラダ」は、電子レンジも火も使うことなく、材料とドレッシングを和えるだけ。「青梗菜のごまびたし」にするために、青梗菜をさっと茹でておきます。

夕方は「もやしとわかめのスープ」と「青梗菜のごまびたし」を仕上げて、あとは朝のうちに作ったゆで豚とサラダを盛りつけるだけ。まだ残暑の残る今日この頃、さっぱりと食べられる献立です。

次のページでは、超シンプルゆで豚定食の献立と、かかった費用を紹介します>>