ゆで豚の茹で汁で。もやしとわかめのスープ

所要時間:10分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

ゆで豚の茹で汁、そのまま捨てたらモッタイナイ!

圧力鍋のほったらかし調理。超シンプルゆで豚』で残った茹で汁は、豚の旨みがたっぷり出ていて、そのまま捨ててしまうのはモッタイナイ。野菜などお好みの食材を加えるだけで、だし要らずで美味しいスープができあがります。

スープが冷えると、表面に脂(ラード)が浮いてきます。温めると溶けてしまうので、スープとして一緒に食べてしまってもいいですが、別に取っておくとラードとして使えます。炒め物や炒飯などに使うと、コクのある味を楽しめます。また、残った茹で汁は冷凍保存も可能です。ラーメンのスープに使うと、旨みがたっぷりで美味しいですよ。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『超シンプルゆで豚定食(朝30分+夕10分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

もやしとわかめのスープの材料(2人分

もやしとわかめのスープの材料
スープストック (ゆで豚の茹で汁)420ml
もやし 1/2袋
わかめ (乾燥)5g
醤油 大さじ1/2
少々
こしょう 少々
ごま油 少々

もやしとわかめのスープの作り方・手順

もやしとわかめのスープの作り方

1:スープを作る

スープを作る
ゆで豚の茹で汁にもやしとわかめを加え、火にかけます。沸騰したら、醤油、塩、こしょう、ごま油で味を整えたら、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回は手早く火の通る食材として、もやしとわかめを使いましたが、お好みの材料でOK。溶き卵などを散らしても美味しいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。